PAGE TOP

mv mv
FASHION

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも熱狂的なファン♡ PLSTでしか買えないRED CARD

2019.02.25

スタイリストの大草直子さんが、今、PLSTで買うべきアイテムをピックアップし、その着こなしレシピとともに紹介する連載。先週に続き、季節をブリッジするアイテムとその着回しを大草さんに提案してもらいました。今回ピックアップしたのはRED CARDのPLST別注デニム。毎回、大人気でサイズ欠けや完売になってしまう別注デニムの魅力を余すところなくご紹介します。

美脚と美尻を同時に叶える、PLSTオリジナルRED CARD

公私共に認める(笑)、RED CARDファンです。だって、絶対的にスタイルが良く見えるし、はいたそばから身体になじんでくれるし。この20thアニバーサリーは、既に何本も持っていますが、靴を選ばないのも優秀です。ただし、モデルのマキサヤちゃんがはいているのは、プラステでしか買えないモデル。昨年までは64cmだった丈を66cmのクロップド丈に。デニムははいているうちに、ナチュラルにしわが寄り、どうしても短くなるので、このくらいの丈のほうが、バランスが良いかもしれませんね。水洗いのみの加工で、全体的に「きれいなホワイトデニム」にしたのも高ポイント! 売り切れ必至です。


春が待ち遠しくなったら、ニュアンシーな配色を楽しんで

まだ羽織りは必要だけれど、重量感のある冬服には飽きた……なんてときにも、ホワイトデニムは有効。全身の中での比重が大きいボトムの色を明るくすると、それだけで着こなしも気分も軽やかになります。合わせのアイテムも、ライトグレーやシルバーなど、明度の高い色をチョイスしてニュアンシーな配色を楽しんで。足元には、ポイントとしてサーモンピンクを投入!

ストールはきちんと畳んで巻くよりも、空気を含ませてからふっくら巻いた方がこなれた雰囲気に。エコレザーのジャケットが明るいライトグレーなので、ストールの色はそれよりダークトーンにして顔まわりを引き締めました。

デニムの丈を従来より2cm長くしたところも別注ポイント。よりきれいめに、そして脚を長くまっすぐに見せてくれる効果が。


締め色と遊びの色。色合わせで差がつくホワイトデニムスタイル

アウターがいらない季節になったら、ニュアンスカラーを合わせるより、ネイビーのニットで上半身を引き締めた方がスタイルアップが叶います。デニムのストイックな白も際立ち、全体がクールに仕上がります。バッグや靴はベーシックカラーにすると地味になってしまうので、遊びを取り入れて。とくに、シルバーの靴は合わせる色を選ばず、抜け感を出してくれるのでおすすめ。

首元にはスカーフをオン。顔まわりが一気に華やぎ、目線も上げてくれます。ニットと同じネイビーやライトブルーが入った端正な配色のスカーフなので、あえて、左右の長さに差をつけてエフォーレスに巻きました。


大草 直子Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling

Photo:Yumiko Mogami
Model:Saya Makino
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make up:Yayoe Shimizu(+nine)
Text:Naoko Okusa、Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんも熱狂的なファン♡ PLSTでしか買えないRED CARD2019.02.25
大草直子さんも熱狂的なファン♡ PLSTで…2019.02.25