PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも感激! シックな着こなしが楽しめる「マルチボーダーニット」

2019.07.27

人気スタイリストの大草直子さんがPLSTの着回し力の高さを生かしたコーディネートを提案します。今回ピックアップしたのは、「マルチボーダーニット」。絶妙なフィット感と配色で、身体のラインを美しく見せてくれると、大草直子さんも絶賛! ボーダーのカジュアルなイメージを覆す、自由で品のある大草さんの着回しをぜひ参考にしてください。

<着回しレシピ1>
ラップ風のデザインパンツを合わせて、今年らしい着こなしを堪能

「ドライな素材で、身体のラインにほど良く沿うボーダーニット。ボーダーのもつ軽快さと女性らしいシルエットという両面を持ち合わせているので、カジュアルから、オフィス、そしてお出かけまで、シーンを問わず活用できます。今回は、辺見えみりちゃんのブランド、「アウターサンセット」のPLST別注のラップ風のデザインパンツとコーディネート。腰まわりの気になるところをラップ仕立てでカバーしてくれて、ウエストはきゅっと細く見せてくれるデザイン。ニットの裾をパンツにインしてももたつきません。やっぱりニットの裾はインして着る方が、断然今っぽくなりますし、脚長効果も享受できますからね。ニットとパンツ、セットで着て欲しいくらい、おすすめの組み合わせです」


<着回しレシピ2>
正三角形のシルエットでスタイルUPを狙って

「トップスをタイトにし、ボトムにボリュームをもたせて作る、“正三角形”のシルエットは、スタイルをよく見せてくれる黄金のシルエット。たとえば、駅で待ち合わせをするときや、ちょっとした立食パーティなど、遠目から印象づけたいシーンにおすすめです。ボーダートップスは、身体にフィットするデザインですが、単色ではくマルチカラーなので、その配色に視線が集まり、身体のラインを目立たなくしてくれます。合わせたワイドパンツは深いグリーン。ボーダーの中の色をあえて拾わず、白とも黒とも、キャラメル色とも相性の良い色を合わせることで、印象的で、リズム感のあるスタイリングになります」


着回したのは、こちら!
マルチボーダーニット

✔︎ボーダーの色も幅も違うマルチボーダー
✔︎五分袖で二の腕カバー
✔︎ほどよく身体にフィットする女性らしいライン

「白、黒、キャラメル色と、ベーシックカラーを集めたマルチボーダーなので、合わせる色を選ばないのが高ポイント。幅も色も違い、王道のボーダートップスより、カジュアル度が低いので、シックに着ることができます。“大人カジュアル”が好きな方は、持っておいて損のない一枚です」

大草直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月に新しい個人メディア『AMARC』を立ち上げた。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Yumiko Mogami
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make:YUMBOU(ilumini)
Edit:Ayako Suzuki(HRM)
Text:Yoko Kanaya
この記事をシェア
mv
大草直子さんも感激! シックな着こなしが楽しめる「マルチボーダーニット」2019.07.27
大草直子さんも感激! シックな着こなしが楽…2019.07.27