PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

モデル鈴木六夏さんもイチ押し! 長く愛せる「リブハイネックセーター」

2019.08.26

人気モデルの鈴木六夏さんがPLSTの新作から"欲しい!"と思ったアイテムをピックアップ。スタイリスト大草直子さんの提案による着こなしとともに、そのアイテムの魅力を紐解いていきます! 今回選んだのは、コーディネートのベースアイテムとして、秋からロングシーズン活用できる「リブハイネックセーター」です。

このニットにシフトするだけで全身が洗練されます by鈴木六夏

「柔らかく編まれたリブニットなので、少しルーズなフィット感。だからリブニットでも身体のラインをひろい過ぎず、ふんわりと包み込んでくれます。切り替えのない編み地、少し立ち上がったネック、長めの袖丈など、ベーシックなのにディテールはさりげなく気がきいていて、”今”の空気がちゃんと感じるんですよね。ベースのニットをこのニットに切り替えるだけで「この人、おしゃれだな」って確実に印象づけられる一着だと思いました」


<スタイル1>
小ワザの効いたリブニットで、秋めくデニムスタイル

「シンプルにデニムと合わせているだけなのですが、ニットに小技が効いているので、雰囲気があってセンスを感じる着こなしに。細かく計算しなくても、さっと着るだけでこなれたバランスが手に入るから、コーディネートに悩まなくていいというのもうれしいですよね。年齢を重ねると、シンプル過ぎる組み合わせは物足りなく感じてしまうことも多いのですが、このニットはさりげなくも確実に”しゃれ見え”を叶えてくれるうえ、佇まいも美しい。まさに大人のためのニットだと思います。足元はトラッドなローファーにしつつ、エコファーのクロスボディバッグをアクセントにすると、ぐっと秋らしさが増しますね」

「少しだけ立ち上がった襟元も、”しゃれ見え”ポイントになっていますね。リブの繊細さも◎。ニットにデニムというシンプルな装いに見えて、実はこだわりが満載。そんな大人ならではの、物選びやスタイリングテクニックは、今回もとても参考になりました」


<スタイル2>
子連れの時こそ! 進化系のトラッドスタイル

「このニットはどんなボトムスとも好相性。最高の引き立て役になってくれます。今回のスカートは、無地のパーツはタイトシルエット、チェック柄のパーツはプリーツという、異素材&異シルエットをドッキングしたもの。チェックならではのトラッドなムードがありつつ、遊び心もある、ひとくせアイテムです。そんなスカートも、このニットを合わせると、まるでワンピースのような、よそゆきスタイルに。トラッドで、大人っぽいコーディネートなので、私のワードローブにこのまま加えたいと思いました。子連れの時こそ、こういう「おしゃれなお母さん」という装いをさらりと着こなせたら素敵ですね」

「袖が長めなので、手元でクシュっとさせると可愛さが倍増! 正統派のネイビーなのに、まじめ過ぎない感じが、ツボでした。バッグは、フロントにワンポイントのあるスクエアフォルムで、お行儀よく。」


Photo:Satoshi Kuronuma(aosora)
Model:Rikuka Suzuki
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make:Taisei Kuwano(ilumini)
Edit:Ayako Suzuki(HRM)
Text:Yoko Matsui
この記事をシェア
mv
モデル鈴木六夏さんもイチ押し! 長く愛せる「リブハイネックセーター」2019.08.26
モデル鈴木六夏さんもイチ押し! 長く愛せる…2019.08.26