PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも購入決定! カジュアルなのに大人顔の「ダンボールジャージーパーカ」

2019.10.05

人気スタイリストの大草直子さんがPLSTの着回し力の高さを生かしたコーディネートを提案します。今回ピックアップしたのは、「ダンボールジャージーパーカ」。ふっくらとしたダンボールジャージーを使い、フードの立ち上がりや立体感のあるシルエットにこだわり、大人のアイテムとして昇華されたパーカです。試着した大草さんも、購入を即決していました! 大草さん流の着回し術を参考に、リッチで今っぽい大人のカジュアルを楽しんで。

<着回しレシピ1>
リラックス感と今どき感をmixした、大人のこなれカジュアル

「このパーカ、立体感がとにかく素晴らしい! 横から見ても、後ろから見てもパーフェクト。パーカって、スポーティで、いわゆる本気のカジュアルアイテム。それをここまでおしゃれに仕上げているのが、このフードの立ち上がり。これがすべて! 決定的なポイントです。ふっくらとした生地感のダンボールジャージーは、ハリもあるから、服が理想のフォルムを作ってくれるんです。少年っぽさのあるゆったりシルエットに、フードはちょっと大きめで立体的。このバランスが着こなしをリッチに仕上げてくれます。これはもう奇跡(笑)! 女度高めのスエードのスカートと合わせると、ミックス感が出てこなれた感じに。女友達とのカジュアルなお食事会の日など、リラックス感と今っぽさを出したい日のおしゃれに早速取り入れたいと思っています」


<着回しレシピ2>
リッチ小物とあわせて、デニムスタイルを更新

「デニムと合わせるときは、小物の力を借りて。たとえばショートブーツと合わせれば、ワンマイルっぽさは避けられます。ちょっとリッチだったり、エッジが効いている小物を合わせた方が、子どもっぽくならず、スタイリッシュにまとまります。このパーカ、色にも特徴が。ほんの少しだけカーキ味のあるくすんだブルーで、これがまた良いんです。大人の肌には、ふんわりと淡いものよりも、少しダスティな色の方が合わせやすいから。この配色なら、ストリート感もあるし、パーカでも家着には絶対ない(笑)。パーカをあわせているだけなのに、すごくおしゃれに見せてくれるから本当に頼もしい!」


<着回したのはこれ>
ダンボールジャージーパーカ

✔︎ハリのあるダンボールジャージー
✔︎少し大きめで、スタイリングに奥行きを作る立体的なフード
✔︎大人の着こなしにマッチする立体的な美フォルム

「2層構造のダンボールジャージー素材が、360度どこから見ても立体感のある美しいシルエットをキープしてくれます。だから、スポーティなはずのパーカが、ここまで大人っぽくてスタイリッシュに取り入れらるのです。立ち上がった大きめのフードは、顔をキュッと小さく見せてくれるうれしい効果も。このシックな色も◎。合わせる色を選ばず、垢抜けた印象を導いてくれます」

大草 直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しい個人メディア『AMARC』を立ち上げた。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Kazuhiro Fukumoto
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make:Shuichi Araki
Edit:Ayako Suzuki(HRM)
Text:Yoko Matsui
この記事をシェア
mv
大草直子さんも購入決定! カジュアルなのに大人顔の「ダンボールジャージーパーカ」2019.10.05
大草直子さんも購入決定! カジュアルなのに…2019.10.05