PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも一押し! シルエットを調整できる「ナイロンショートダウンジャケット」

2019.10.12

人気スタイリストの大草直子さんがPLSTの着回し力の高さを生かしたコーディネートを提案します。今回ピックアップしたのは、冬のデイリーシーンにジャストフィットする「ナイロンショートダウンジャケット」。ストレッチの効いたナイロン素材で着膨れしにくい上に、脇のファスナーでシルエットを自由にアレンジできるといううれしい仕掛けが。ボトムスのシルエットに合わせた、大草さんらしいハイセンスな着こなしとともにご紹介します。

<着回しレシピ1>
チェックのワイドパンツで大人顔のカジュアルスタイル

「圧倒的に美しいフォルムに加え、サイドのファスナーがとっても優秀! これが、モードなデザインポイントにもなり、着こなしの幅をぐっと広げてくれます。下に着るアイテムが変われば、アウターのシルエットも変えたいのが本音だけれど、だからと言っていくつもアウターを用意するのは現実的ではないですよね。そこで、この脇のファスナーが大活躍。インナーのシルエットに合わせて開け閉めすればシルエットは変幻自在。着丈も長すぎず短すぎないので、合わせるボトムスを選びません。もちろん、ハイウエストのワイドパンツとだって好相性。着膨れすることもないから、ダウンでも全身の印象が軽やかで、大人のおしゃれにマッチするんですよね」


<着回しレシピ2>
ジャケット感覚で、リッチかつ女性らしいデニムスタイルに

「マットでスポーティすぎない素材感も◎。カジュアル一辺倒ではなく、街でのおしゃれにも取り入れやすいと思います。また、しっかりと首の高い位置まで包み込んでくれるショールカラーは暖かいだけでなく、レディなムードも漂います。今回はデニムに合わせましたが、ダウンジャケットのデザインに女性らしさや今っぽさが散りばめられているので、ヒールを合わせたミックススタイルでもチグハグになりません。また、インナーがゆったりシルエットのニットなので、サイドのファスナーも開きました。抜けのある、ほんのりAラインシルエットになり、閉じて着たときとはまた違う表情が楽しめます」


<着回したのはこちら>
「ナイロンショートダウンジャケット」

✔︎ストレッチ性の高いナイロン素材
✔︎ドルマンスリーブで肩まわりの着膨れを解消
✔︎脇のファスナースリットでシルエットの調整も可能

「首回りをしっかりと包み込むショールカラーと着膨れして見えないコンパクトなシルエットで、ダウン=カジュアルとは一線を画す、上品な雰囲気なダウンジャケット。シルエットを調整できるサイドスリットもグッドアイディアです。ボトムスを選ばない着丈は、車での移動が多い方にも喜ばれそう!」

大草 直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しい個人メディア『AMARC』を立ち上げた。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Tomoko Meguro
Styling:Naoko Okusa
Hair&Make:Yayoe Shimizu(+nine)
Edit:Ayako Suzuki(HRM)
Text:Yoko Matsui
この記事をシェア
mv
大草直子さんも一押し! シルエットを調整できる「ナイロンショートダウンジャケット」2019.10.12
大草直子さんも一押し! シルエットを調整で…2019.10.12