PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも納得! 身体がきれいに見える「コットンボートネックニット」

2020.02.01

人気スタイリストの大草直子さんがPLSTの着回し力の高さを生かしたコーディネートを提案します。今回ピックアップしたのは、「コットンボートネックニット」。合わせやすいシンプルなニットは、コーディネートのつなぎ役として出番の多いアイテム。だからこそ、きれいなシルエットや女らしさを醸すディテールにこだわっています。きれいめからカジュアルまで、着こなしの幅の広さも自慢。その実力を大草直子さんのスタイリングで実証します。

ニットの美フォルムを活かす洗練ワンツーコーディネート

「一見カジュアルに見えるミドルゲージのニットも、カフのリブ部分が深く取られているから、袖をぐっとたくすとふわっと広がってクチュール感が出ます。洗いのかかった畝の細いコーデュロイパンツとの肩ひじ張らないスタイルも、どこかエレガントに。ニットもパンツも程よくゆとりがありますが、着るとすっきり見えるんですよね。それは、デコルテがさりげなく見えるボートネックや、手首が見えるたくしやすい袖口など、着こなしにメリハリが生まれるディテールのおかげ。ミルキーな白とカフェオレみたいな温かみのある配色を黒小物で締めてシャープ感を出しました」


今年らしいトリコロールカラーであか抜けて

「大好きなデニム『レッドカード』のハイウエスト&テーパードシルエットの“マデリン”との組み合わせ。デニムとニットだけだとボーイッシュになってしまうので、インにシルキーなブラウスを入れてクラス感を出しました。このニットはデコルテの開き具合が絶妙で、レイヤードするとちょうどいい出方になるんですよね。袖や裾からもインナーをのぞかせやすく、気分や着こなしに合わせて、配色を楽しめるのが特徴です。例えば、タートルを合わせてもいいですよね。白ニットとデニムの定番コンビにくすんだミントグリーンを小さく入れてあげると、途端に今年の顔になると思いますよ」

※ニットのインに合わせたレーヨンポリツイルポケットシャツは、3月中旬入荷予定です。


身体がきれいに見える「コットンボートネックニット」

✔︎計算されたボートネックで顔まわりすっきり
✔︎コーディネートのアクセントになる肩ボタンデザイン
✔︎腰やヒップ周りをきれいに見せる前後差のあるヘムライン

「ミドルゲージで身体に張り付かず、インに何かを着てもよし、1枚で着てもよし。冬の終わりから春まで着られて万能です。こういったニットは、とかくボーイッシュになりがちですが、肩のボタンデザインや程よい落ち感、デコルテが見えるボートネックで、着るとその女性らしさを実感いただけると思います」


大草 直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Akira Shimano
Hair&Make:Yoko Aso(ilumini)
Styling:Naoko Okusa
Text:Yoko Enomoto
Edit:Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんも納得! 身体がきれいに見える「コットンボートネックニット」2020.02.01
大草直子さんも納得! 身体がきれいに見える…2020.02.01