PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも実感。脇役で終わらない、リッチな表面感が魅力のロングカーディガン

2020.10.10

人気スタイリストの大草直子さんがPLSTの着回し力の高さを生かしたコーディネートを提案します。今回ピックアップするのは、アルパカブレンドの「ロングカーディガン」。アルパカとウールの混紡糸に起毛をかけ、ふくらみと柔らかさ、そして軽さを出したカーディガンは、何気ないコーディネートをクラスアップしてくれる、主役級アイテムなのだそう。ベージュとライトベージュ、それぞれの大草さん流の着こなしをぜひ参考に!

〈着まわしレシピ1〉
ブラウンの同色レイヤードで
暖かみと優しさを際立たせて

カーディガン=季節と季節の間に着る“間に合わせ”的アイテム、と思っている方も少なくないはず……。でも実は、コーディネートの一番外側にきて、全体の印象を大きく左右するアイテムでもあるのです。「これまでも何度か書いているのですが、私、間に合わせでカーディガンを買ったり着たりするのが好きじゃないのです(笑)。そう、せっかくなら、きちんとお気に入りのものや着る理由のあるものにしたいのです。今回ピックアップした、アルパカブレンドのカーディガンは、ふっくらと厚みがあって、しっかりと長さもあるところが◎。表情豊かな杢入りのベージュなので、ロングカーディガンにありがちなのっぺりとも無縁。同じベージュのワンピースを合わせても、奥行きのある、優しいグラデーションが作れます。小物も、ベージュの延長線にある色にすると、見た目の暖かみが一層増します。カーディガンの裾からワンピースやスカート、パンツがのぞいてももちろんOKですが、同じブランドならではの、ぴったりと長さの合ったワンピースとなら、計算なしに心地よいバランスに整いますね♡」


〈着まわしレシピ2〉
ふんわりリブニット×ロングカーディガン
進化系のアンサンブルスタイル

今季のアルパカブレンドのロングカーディガンは4色展開。その中から大草さんが、もう一色選んだのはライトベージュでした。「白をたっぷり含んだ上品なライトベージュは、オンオフ問わずに活用でき、ベーシックカラーもアクセントカラーも受け止めてくれる度量の深さがあります。オフィスから休日の公園までシーンも問いませんが、今回は、同じアルパカブレンドの同色のリブニットを合わせ、進化系のアンサンブルスタイルに。ボトムスは、大好きなREDCARDのデニムにしてカジュアルに仕上げました。カーディガンは嬉しいポケット付きですが、フロントにパッチポケットのようについたデザインではなく、サイドにスリットのように入ったタイプなので、カジュアルに振ったときも、ほっこりしないところがポイント」


〈着回したのはこちら〉
リッチな素材感と丈感が鍵
アルパカブレンドの
「ロングカーディガン」

✔︎ アルパカブレンドの、柔らかくふくらみのある表面感
✔︎ ロング丈なのに見た目も着心地も軽やか
✔︎ インナーを選ばない広めのアームホール

「ボタンもベルトもない、ミニマルなガウンタイプながら、リッチな雰囲気が漂うカーディガン。やっぱり一番のポイントは、アルパカブレンドのふっくらと柔らかな表面感。糸を細くしたり、ウールの混率をあげたりと、よりソフトに軽く仕上がるよう、とことんこだわったのだそう。しっかりと長さをとったロング丈もラグジュアリーで大人の女性向き。あとは、アームホールが大きめなのもポイントですね。中に着るアイテムに制約がないだけでなく、袖口をたくしあげたときに、クシュっとボリュームが出てこなれ感があります。防寒対策という「実」の面だけでなく、このカーディガンを着ることで、コーディネートが格上げされるというか、完成する、そんな主役級の一枚です」


大草 直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『大草直子のNEW BASIC』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Keiichi Suto
Hair&Make:Yukako Morino(perle)
Styling:Naoko Okusa
Edit & Text:Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんも実感。脇役で終わらない、リッチな表面感が魅力のロングカーディガン2020.10.10
大草直子さんも実感。脇役で終わらない、リッ…2020.10.10