PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんがピックアップ! ベーシック「+α」がある、主役ニットBEST5

2020.10.28

スタイリストの大草直子さんが、PLSTのラインナップから、今の気分に寄り添った「BEST」なアイテムをピックアップ。その着こなしとともにご紹介します。今回クローズアップするのは、冬のおしゃれに欠かせないニット。PLSTにはベーシックなデザインからセットアップまで、バリエーション豊富に揃っています。いずれも、シンプルに見えて、さりげなく今年らしさやスタイルアップを叶えてくれたり、イージーケアだったりと、「+α」のあるニットです。あなただけのお気に入りの1着がきっと見つかるはず!

着回し力抜群! ベーシックな技ありニット

「冬になると、毎日手に取るニット。安心感があって着ていて気分があがる。PLSTにはそんなベーシックにひと技プラスしたニットが豊富に揃っています。奇をてらっているのではなく、ベースはシンプルだから、着回し力も抜群。どれも女性らしく、ウォーミーな雰囲気がありながら、裾に前後差があったり、身ごろと袖で編み地を変えていたり、ネックの立ち上がりが絶妙だったり。ちょっとしたことだけれど、着こなしの鮮度をぐっと上げてくれる工夫が散りばめられています。マシンウォッシャブルやピリングしにくい素材など、扱いやすさまで考えられているところも、さすがです」


#01 デコルテの肌感で"抜け"をプラス
上品&リラクシーなVネックニット

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「縦ではなく、横にやや広めにとったVネックのラインが絶妙な一着。下着が見えてしまうことを気にする必要はないけれど、狭すぎることもないので、鎖骨の骨っぽさが際立ち、上半身を華奢に見せてくれます。襟ぐりと袖口にリブがしっかりとられているのも高ポイント。メリハリがつくうえ、コンサバ見えせず、今っぽいリラクシングな雰囲気に。極細のウールとカシミヤをブレンドした、ふっくらと柔らかな表面感も魅力。旬のチョコレートブラウンは、甘やかなヴィンテージローズを合わせると、こっくりとまろやかで、暖かみのある着こなしに。仕上げにロングネックレスをプラスしてあげると、細長いVのラインが重なり、縦のラインが強調されるので、顔まわりも全体もすっきり見えます」


着用アイテム

#02 着映えする立体感とボリューム感
大人の洗練ケーブルニット

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「ふんわりと立体感のあるケーブル編みが目を引く、まさに主役ニット♡ ボリュームのあるシルエットですが、温かくて膨らみのある軽量素材で編まれているので、着心地は軽やか。さらに、前身ごろはケーブル編みですが、袖、そして後ろは縦の太リブになっていたり、サイドにはスリットも入っているので、着膨れする心配もありません。デニムとの相性は言わずもがなですが、光沢のあるマーメイドスカートを合わせると、ケーブルニットとのキャラクターの違いーーウォーミーでカジュアルなケーブルニットと女度高めの艶スカートーーが引き立ちます。あえて強い色は使わず、ニュアンシーなブルーやグレー、シルバーを重ねるとアーバンな印象に」


着用アイテム

#03 ベーシックこそ更新を
ボトルネックのNEOリブニット

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「一枚で着ることもでき、ジャケットなどのインナーとしても活躍する、ベーシックなリブニット。みなさん、すでに一枚はクローゼットの中にあるかもしれませんが、アップデートするなら、タートルネックよりもボトルネックがおすすめ。今っぽさがあるだけでなく、折り返さないぶん、首をすっと細く長く見せてくれます。それから細リブ。リブの畝(うね)が深くない方が、身体の凹凸を強調しないので細見えします。今回は、レースのスカートと合わせてレディにコーディネート。リブニットとレースのスカート。シンプルな組み合わせですが、ともに女性のしなやかさや美しくさを引き立ててくれるシルエットと表情を持っているので、大人のエレガンスが際立ちます」

※レースAラインスカート(12-0307005)はオンラインストア、一部店舗限定商品です。


着用アイテム

#04 ラクしてキレイが即叶う
トップス×ジャンパースカートのニットアップ


NAOKO'S RECOMMEND POINT
「ニットのジャンパースカートとトップスがセットになった、新しいセットアップ。ジャンパースカートはすっきりとしたIラインなので、ドルマンスリーブのトップスと合わせると、パーフェクトな逆三角形シルエットに。ニットonニットで今年らしくもあり、コーディネートを考える時間を短縮でき、スタイルアップも叶う、“一着三鳥”なセットアップです。もちろん、別々に着ることも可能。ジャンパースカートは前後ともVネックデザインになっているので、タートルネックニットを下に合わせても。トップスは横リブのドルマンスリーブで適度にリラクシングなので、きれいめからカジュアルまでどんなボトムスとも好相性」


着用アイテム

#05 肌を心地よくモダンに包む
鮮度高めのセットアップ

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「肩の力がふっと抜けた、エフォートレスなトップス×パンツのニットアップは、トレンド継続中。ともすると、家着のように、ゆるくなり過ぎる印象があるかもしれませんが、色やシルエットを吟味すれば、逆に鮮度の高い着こなしに。このニットアップは、トップスがポンチョデザイン。ニットの中で身体が泳ぐようなゆったりとしたシルエットで、ヒップが隠れるミドル丈が新鮮。今年らしいボトルネックで、袖口にはリブがしっかり入っているので、袖をぐっとたくしあげると、抜け感がでてこなれた印象に。同じ素材ですが、トップスはドレープ感のあるさらっとした質感、パンツはハリがでるようにと、編み地を変えているのも◎。スニーカーを合わせる日はキャップやトートバッグを合わせて、とことんカジュアルに。色は多用しない方がモードにまとまります。パール調のピアスなど、アクセサリーでひとさじの女性らしさをONするのを忘れずに」


着用アイテム

大草 直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『大草直子のNEW BASIC STYLE』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Keiichi Suto
Model:Maria Kamiyama
Hair&Make:Yukako Morino(perle)
Styling:Naoko Okusa
Edit & Text:Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんがピックアップ! ベーシック「+α」がある、主役ニットBEST52020.10.28
大草直子さんがピックアップ! ベーシック「…2020.10.28