PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんがリコメンド! 冬の着こなしが華やぐ、カラーニット5選

2020.11.18

スタイリストの大草直子さんが、PLSTのラインナップから、今の気分に寄り添った「BEST」なアイテムをピックアップ。その着こなしとともにご紹介します。今回お届けするのは、5着のカラーニット。大草さんならではの視点で選ばれたニットと、そのコーディネートは必見です!

ニットならではの、「優しい色」で冬のおしゃれを活性化

「ざっくりとしたミドルゲージニット特有のあたたかみのある風合いは、その「色」にも優しさや柔らかさをプラスしてくれます。着用するアイテムが増え、素材も厚く重くなる冬こそ、このニットの「色」を上手く活用できると、おしゃれの楽しみが倍増するはず。おすすめは白やライトグレーを多めにまぜたような、明るめの色。顔色をトーンアップし、華やかに見せてくれるうえ、視線をあげてくれるのでスタイルアップも期待できます」


#01 肌も着こなしも軽やかに
ミントグリーンのタートルネックニット

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「ボクシーなシルエットのタートルネックニットは、ここ数年のトレンド。このニットは、ネック部分の高さや筒の大きさ、リブの太さがきちんと計算されていて、首をしめつけないゆとりがありながら、しっかり高さをキープしてくれるところが◎。サイドスリットも入っているので、裾はタックインしてもアウトしてもOKです。1色だけでなく、色違いで揃えたくなるニット。ミントグリーンは春夏からの流行色でもありますが、肌色のくすみをはらい、着こなし全体を軽やかに見せてくれる効果が。この透明感が生きるよう、濃い色は合わせず、カフェラテのような、あたたかみのある明るい色とコーディネート。寒色と暖色、そして、ウォーミーなニットと光沢のあるパンツ。色と素材でコントラストをつけると、シンプルでも、人の目に留まる着こなしに」


着用アイテム

#02 気分をあげたいときは
スモーキーなローズカラーを味方に

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「顔まわりを華やかに彩ってくれる、ローズカラーのニット。ストレートなピンクというより、ダスティなピンクなので、大人でも気負いなく取り入れられます。着るだけで、無条件に気分も口角も上げてくれるので、リモートワークのときのオンライン会議や、週の半ばの水曜日以降、ちょっと疲れた自分に元気を投入したいときにもおすすめ♡ コーディネートは、ピンクからベージュ、そしてグレージュに流れるような、柔和なグラデーションに。黒をどこにも入れないことで、肌に、そして着る人のキャラクターにとけこむような、そんな親しみやすい印象が漂います。また、後ろに入ったセンターシームとスリットは、背中をまっすぐにシャープに見せてくれます。シャツやカットソーを下に着て裾やスリットから覗かせる、そんなレイヤードスタイルも楽しめそうですね」


着用アイテム

#03 ONとOFFの中間にある
優しくスマートなライトグレーのニット

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「ヒップが隠れるくらいの、やや長めの丈が今年らしいですね。軽くてふくらみのある、細いウールにカシミヤをブレンドし、柔らかく優しい風合いに仕上げているので、メンズライクで端正なイメージのあるグレーも、フレンドリーで味わい深い印象に着地しています。サイドには深くスリットが入っているので、マキシ丈のスカートと合わせても、抜けがあり、バランス良くまとまります。足元はスニーカーにして、カジュアルに仕上げましたが、グレーは知性を感じさせる色でもあるので、合わせるアイテム次第でオン仕様にも。たとえば、シルクのシャツを下に着て、襟やカフスを覗かせ、ボトムスはパンツ、といったスタイリングもおすすめ。こういったONとOFFを行き来できるニットは、働き方が変化しつつある、新しい日常にもぴったりですね」


着用アイテム

#04 ポジティブでウォーミーな
「冬の白」を全身でまとう贅沢

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「冬になると、街中は黒やネイビー、ダークグレーなど、影の色が多くなります。そんな中、「光の色=白」を全身で楽しむのは、究極の贅沢。そして、そのオールホワイトスタイルがもたらしてくれるワクワク感は格別。今回選んだのは、ウールとアルパカが混ざったループ状の糸に、起毛をかけたヘアリーな素材のニット。繊細でふんわりとしているから、太陽の光があたると、ニットのまわりに一枚ヴェールをまとっているかのように。ブルーがかった夏の白ではなく、黄味がかったウォーミーな白は、まさしく冬の白。同じシーズンに同じブランドで展開されている白のパンツとなら、細かく計算しなくても、マッチします。深いタバコ色のパンプスや、同じく黄味がかったベージュのバッグ、ストールでコーディネートすれば明るく知的に華やかに」


着用アイテム

#05 ビタースイートなモカブラウンの
すっきりニットワンピース

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「ひざ丈なので、一枚で着るのはもちろん、テーパードパンツやスキニーデニム、ニットやレザーのレギンスとレイヤードするなど、アレンジ幅の広いニットワンピースです。太リブなのでリラクシングでありながら、身体のラインをひろわないのも高ポイント。すっと自然に立ち上がるハイネックデザインは、縦のラインを強調してくれますし、コートの襟も選びません。そして、なにより暖かい♡ 今回は、ビターな甘さのあるモカブラウンをチョイス。ニットワンピースは女度が高いと思って敬遠している方もいるかもしれませんが、モカブラウンなら、甘くなりすぎず、重たくなりすぎることもありません。濃いインディゴデニムを合わせれば、やや辛口にシフトすることも。一枚でワンピースとして着るときには、ニーハイブーツと合わせても素敵ですね」


着用アイテム

大草 直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『飽きる勇気』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Arata Suzuki(go relax E more)
Model:Maria Kamiyama
Hair&Make:Eiko Sato(ilumini)
Styling:Naoko Okusa
Edit & Text:Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんがリコメンド! 冬の着こなしが華やぐ、カラーニット5選2020.11.18
大草直子さんがリコメンド! 冬の着こなしが…2020.11.18