PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんが提案! 「黒」を涼やかに、艶っぽくまとえる「シアーレイヤーニット」

2021.04.17

人気スタイリストの大草直子さんがPLSTの着回し力の高さを生かしたコーディネートを提案します。今回ピックアップするのは、透け感のある「シアーレイヤーニット」。繊細な細い糸で編まれた、シャリ感のあるニットは見ためも着ている本人も涼しいだけでなく、初夏のおしゃれに抜けと艶をプラスしてくれます。大草さん流の素材合わせの妙も、ぜひ参考に。

〈着まわしレシピ1〉
透け感×光沢="艶増し"
パンツスタイルをセンシュアルに

まず、大草さんが提案してくれたのは、光沢のあるイージーパンツと合わせたコーディネート。「素肌が透けるニットを、光沢のあるパンツと合わせることで、"艶増し"したスタイリング。デコルテや肩先、腕の肌が透けることで、黒に優しさと柔らかさが生まれ、光沢のあるグレーとの相性が良くなります。ニットもパンツも、ほど良くゆとりのあるシルエットというのもポイント。このリラクシーな雰囲気が、『透け感』や『光沢』を今っぽくヘルシーな色っぽさへと導いてくれます」


〈着まわしレシピ2〉
インナーで印象操作を
キャミソールならより女性らしく

続いて披露してくれたのは、タイトスカートとのコーディネート。「透けるニットは、インナーをキャミソールにするとエレガントに、タンクトップにするとスポーティに。そう、インナーも印象を操作する大事な要素なのです。タイトなIラインのスカート、そしてウェットヘアにフィットするのは、キャミソールで作った女性らしい上半身。着ているのは、フロントがVにカッティングされた付属のキャミソールです。袖をぐっとたくし上げると、素肌の分量が増え、抜けが生まれます。袖口がリブになっているので、落ちてこないのも◎」


〈着回したのはこちら〉
涼やかで艶っぽい、透ける黒
「シアーレイヤーニット」

✔︎ 薄手なのにコシのある素材感
✔︎ キャミソールのインナー付き
✔︎ 袖口と裾のリブがアクセントに

「"透ける黒"の涼やかさと艶っぽさが魅力の一着。この透け感が、薄手のアイテムを重ねる春先に新しい季節の始まりを告げ、ワン・ツーで完成する盛夏には、涼感を加えてくれます。細い糸で編まれた薄手のニットですが、シャリ感とコシがあるので、ダレてしまうこともありません。ニットは首を細く長く見せてくれるボートネック。付属のキャミソールは、フロントがVカットになったデザインなので、鎖骨も透けて女性らしさを高めてくれます。インナーをタンクトップにすると、スポーティに仕上がるので、インナーでアレンジをするのもおすすめ。裾はリブ仕様なので、インしてもアウトしても着られます」


大草 直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『飽きる勇気』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Kazuhiro Fukumoto
Hair&Make:KIKKU
Styling:Naoko Okusa
Edit & Text:Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんが提案! 「黒」を涼やかに、艶っぽくまとえる「シアーレイヤーニット」2021.04.17
大草直子さんが提案! 「黒」を涼やかに、艶…2021.04.17