PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

【大草直子さんセレクト】夏から秋まで使える! 着回し力とトレンド感を兼ね備えたアイテム 〜前編〜

2021.07.14

スタイリストの大草直子さんが、PLSTのラインナップから、今の気分に寄り添った「BEST」なアイテムをピックアップ。その着こなしとともにご紹介します。今週と来週、2週に渡ってお届けするのは、夏から秋まで長く着られるアイテム。大草さんがセレクトしたアイテムを、それぞれ夏ver.と秋ver.のコーディネートとともにお届けします。

夏も秋も着られる
トップスの条件とは?

「さらっとした素材、レイヤードしやすい袖、そして『秋色』のアイテムが、一番長く使えます。今回ピックアップしたふたつのトップスも、その条件にぴたりと当てはまります。まず、バーンドレッドのノースリーブのブラウス。スモーキーで少しダークな、灼けたような赤は、夏にもそして秋の景色にも馴染みます。シルクがブレンドされているので、肌触りも滑らか。もう一つは、リブニットですが、細い糸で編まれていて、身体に張りつき過ぎない、さらっとした着用感。 編み方は異なりますが、同色のカーディガンも展開されているので、アンサンブルとして楽しめます」


#01 SUMMER ver.
スモーキーなアースカラーでまとめ
ヘルシーに涼やかに

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「ヴィンテージライクな灼けたような赤を、カーキグレーのパンツと合わせ、アーシーにまとめました。そうすることで、この赤のスモーキーさが際立ち、暑苦しさとは無縁のヘルシーな印象に。胸元から裾にかけて立体的に広がるAラインシルエットで、ラグジュアリーなボリュームがありますが、ノースリーブで腕の肌分量が多めなので、涼やかに見えます。かごバッグやヌードカラーのサンダルを合わせ、黒を入れずに仕上げると、より軽やかに」


#01 AUTUMN ver.
こっくり配色とジャケットで
ほんのりモードに

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「ほとんど洗いのかかっていない濃色のデニムをボトムスにして、こっくりと、しっとりと秋らしい色合わせにしました。肩にかけたジャケットは、ビッグサイズかつボクシーなタイプ。インナーにボリュームがあっても重ねやすく、即座に旬のシルエットを作ってくれます。ダークグレーにすることで、きりっと感を加え、ほんのりモードに仕上げました。最後に、ピアスやスカーフで小さく色をプラス。秋らしいドラマティックな女っぽさもONしました」

※Wブレストジャケット(121404016)は9月下旬発売予定、スリムテーパードジーンズ(121306044)は8月上旬発売予定、CHRISTIAN VILLA限定 2WAYバケットバッグ(131360208)は8月上旬発売予定、FATTORSETA限定スカーフ(131360500)は8月上旬発売予定となります。


#02 SUMMER ver.
リラクシングだけど女っぽい
下半身に重さを出したリッチカジュアル

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「夏は敬遠してしまうかもしれないリブニット。でも、このリブニットは毛羽の少ない細い糸で編まれているので、ハリとコシがあり、下着のラインも響きにくく、清涼感のある着心地。UVカット&マシンウォッシャブルにも対応しているので、夏はさらっと1枚で。リラクシングなギャザースカートとボリュームのあるサンダルを合わせると、いい意味で重さのある、リッチなカジュアルスタイルに。アシンメトリーなネックデザインも、デコルテを華奢に、顔立ちをシャープに見せてくれます」


#02 AUTUMN ver.
硬軟を織り交ぜ、印象に残る着こなしに
ニット×フェイクレザーのスカート

NAOKO'S RECOMMEND POINT
「同色のノースリーブニットとカーディガン。これは、セットで持っていると本当に便利! 体温調節もしやすく、インナーとカーディガンで編み地が異なるので、セットで着てものっぺりしません。カーディガンは普通に腕を通して着るだけでなく、肩にかけたり、ストールのように首周りにあしらっても。秋に着ることをイメージして合わせたのは、フェイクレザーのスカート。強さのある素材ですが、ツインニットを合わせることで、柔らかさが加わります。カーディガンをポンチョのようにラフに巻くと、視線が上がるとともに、肌分量を調整できます。逆に、足元はスニーカーにして、秋らしく肌分量をマイナス。バッグは黒をリフレインして輪郭を引き締めました」

※フェイクレザーナローロングスカート(121307003)は8月中旬発売予定、ギャザリング2WAYクラッチバッグ(121350207)は8月中旬発売予定


大草 直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『飽きる勇気』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Ryuji Sue
Model:Maria Kamiyama
Hair&Make:YUMBOU(ilumini)
Styling:Naoko Okusa
Edit & Text:Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
【大草直子さんセレクト】夏から秋まで使える! 着回し力とトレンド感を兼ね備えたアイテム 〜前編〜2021.07.14
【大草直子さんセレクト】夏から秋まで使える…2021.07.14