PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんが推薦! 今っぽさが「即」手に入るフェイクレザーのストレートパンツ

2021.08.23

人気スタイリストの大草直子さんがPLSTの着回し力の高さを生かしたコーディネートを提案します。今回ピックアップするのは「フェイクレザーのストレートパンツ」。素材の選択肢が増える秋。フェイクレザーのクールでモードな質感を取り入れると、いつものコーディネートにぐっと深みが増します。大草さん流の、洗練された2パターンのコーディネートをぜひ参考に!

〈着まわしレシピ1〉
夏に着たビッグTシャツを
フェイクレザーで秋仕様に

まず、大草さんが披露してくれたのは、今すぐ真似したいTシャツとのコーディネート。「夏にたくさん着たビッグTシャツ。フェイクレザーのパンツと合わせると、がらっと表情が変わり、秋仕様に。パンツは、やや股上が深いのと、適度に太さのあるストレートシルエット。Tシャツは、裾をインして、ラフにブラウジングした方がバランス良く見えます。足元は、少し重めのパンプスに。季節の変わりめは、上を軽くするなら足元は重め、上を重たくするなら足元は軽め、と素材や肌分量を上下でミックスするのがおすすめ。気温と相談しながら、夏とはまた違う着こなしを楽しんで」


〈着まわしレシピ2〉
質感の違いでメリハリを
薄手のニット×フェイクレザー

続いては、コンパクトなタートルネックニットとのコーディネート。「イメージは、秋のはじめの、パリの女の子の着こなし。ニットの下にかすかに素肌を感じるタートルネックは、季節の”橋渡し役"に適任。見た目も着心地も、季節の狭間の曖昧な空気にマッチしながら、新しい季節へと緩やかにシフトさせてくれます。薄手の上品なニットに、重量感のあるモードなフェイクレザー。素材の厚みも質感も、キャラクターも異なる2つを掛け合わせることで、メリハリを出しました。また、 Tシャツのときとは逆に、足元は、あえてヌーディなサンダルにして、全体のバランスを調整。くるぶしが少し隠れるくらいのアンクル丈に設定されていて、合わせる靴を選ばないのも、このパンツの魅力ですね」

※シアーウールリブハイネックセーター(121401006)は、8月下旬発売予定です。


〈着回したのはこちら〉
"今"のバランスを作ってくれる
「フェイクレザーストレートパンツ」

✔︎ 適度な厚みがあり、
 ストレッチ性にも優れたフェイクレザー
✔︎ 太すぎず、細くもないストレートライン
✔︎ きれい見えする、センタープレス入り

「この太さがとってもはきやすい! 太すぎないから、ビッグTシャツとも、コンパクトなニットともコーディネートできますし、どちらを合わせても、きちんと"今っぽい”バランスになります。厚さも程よく、ストレッチの効いたしなやかなフェイクレザーだから、ハードに見えすぎないのも◎。センタープレスが入っているのも珍しいですね。スラックスのパターンから派生させたというだけあって、きれいめなシルエットに仕上がるので、ベーシックやシンプルなワードローブが多い方にもおすすめです」


大草直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『飽きる勇気』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Daisuke Tsuchiyama(TRON)
Hair&Make:Tomoko Noda
Styling:Naoko Okusa
Edit & Text:Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんが推薦! 今っぽさが「即」手に入るフェイクレザーのストレートパンツ2021.08.23
大草直子さんが推薦! 今っぽさが「即」手に…2021.08.23