PAGE TOP

mv mv
連載

#大草直子'S PICK UP

大草直子さんも太鼓判! 洗練された印象を引き出す「ピーチサテンスキッパーブラウス」

2021.09.25

人気スタイリストの大草直子さんがPLSTの着回し力の高さを生かしたコーディネートを提案します。今回ピックアップするのは「ピーチサテンスキッパーブラウス」。エレガントでありながら、凛とした印象を引き立ててくれると、大草さんも太鼓判! きれいめとカジュアル、2パターンの着回しレシピとともにお届けします。

〈着まわしレシピ1〉
「グレーを含んだ」がキーワードの
美しくもシックな色の連なり

まずは、テーパードパンツと合わせた、きれいめコーディネート。「このブラウスは、テーパードシルエットのきれいめパンツ、デニム、それからスカートと、合わせるボトムスを選ばないデザインとシルエット。ノーアイロンでも着られるので、朝、コーディネートに迷ったときに、つい手に取ってしまいそうですね。今回は、ブルーグレーのブラウスと同じく、グレーをたっぷり含んだブラウンのような、曖昧カラーのパンツとコーディネート。バッグや靴も含めて、黒はどこにも入れず、繊細な色の連なりを楽しみました。シルバーのバッグは、こんな風に『色』を生かしたいときに頼りになります。アクセサリー感覚で持てるうえ、クールに、モードに仕上げてくれます」


〈着まわしレシピ2〉
落ち感のあるブラウスで
デニムをカジュアルアップ

続いては、デニムと合わせたカジュアルなコーディネート。「落ち感のあるブラウスに、マットなデニム。素材も質感も異なる上下は、しっかりとメリハリがつき、スタイルUPに繋がります。シャツの裾はインして、ゆるっとブラウジングしましたが、アウトにしてもOK。袖はラフにまくると、デニムともなじみます。どうしてもカジュアルになりがちなデニムですが、こんな風にブラウスを合わせると、"カジュアルアップ"されて、新しい一面が見えてきます。ブラウスの胸元のメタルパーツは取り外し可能。取り外すと、デコルテの素肌分量が増え、女性らしいリラックス感がプラスされます」


〈着回したのはこちら〉
しなやかで凛とした女性像に
「ピーチサテンスキッパーブラウス」

✔︎ ヴィンテージライクな落ち感
✔︎ 華やかで硬質な胸元のメタルパーツ
✔︎ 合わせる色を選ばないグレイッシュなブルー

「柔らかくて滑らかなピーチサテン素材で仕立てられた、エレガントなブラウス。起毛したような、ヴィンテージライクな風合いなので、艶がtoo muchにならず、洗練された雰囲気に。さらに、ネックレスがくるような位置にバータイプのメタルパーツがあるのも◎。この飾りがあることで、柔らかいブラウスに硬さが加わり、しなやかさと凛とした印象、両方を演出できます。それから、色も秀逸。グレーをたっぷり含んだブルーは、黒、ベージュ、白、ネイビー、ブラウン、それからボルドーにもマッチ。とても使いやすく、アレンジ幅の広い一着です」


大草直子NAOKO OKUSA

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『飽きる勇気』ほか、インスタグラムも人気。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Photo:Gori Kuramoto(Pygmycompany)
Hair&Make:Tomoko Kawamura
Styling:Naoko Okusa
Edit & Text:Ayako Suzuki(HRM)
この記事をシェア
mv
大草直子さんも太鼓判! 洗練された印象を引き出す「ピーチサテンスキッパーブラウス」2021.09.25
大草直子さんも太鼓判! 洗練された印象を引…2021.09.25