PAGE TOP

mv mv
FASHION

#実力アイテム大検証

PLSTのコスパの裏に隠れた実力を大検証!Vol.27 メンズバッグの大本命「ブリーフィング」

2018.06.06

PLSTが誇る人気アイテムの機能や特徴、裏側を徹底的にリサーチすることで、真の力をお届けするこの企画。今回ご紹介するのは、満を持しての登場となった、人気のラゲッジブランド「ブリーフィング」。休日からビジネス、旅行にまで広がる幅広いラインアップの中から、PLSTが厳選に厳選を重ねた珠玉のバッグ&小物の魅力に迫ります。

耐久性と実用性だけじゃない。ブリーフィングが掲げる〝真のミリタリズム〟とは?

ブリーフィングといえば、軍用品供給工場で作られる〝MADE IN USAコレクション〟が有名。そのため、海外のミリタリーブランドと思われがちですが、実際は1998年にデビューを果たした日本企画のブランドです。極限の環境下を想定した軍用品と違い、ブリーフィングが見据えるフィールドはあくまで街。アメリカ仕込みのミリタリズムをバックボーンにした実用性が魅力ですが、普段使いに照準を合わせたデザインなので、スマートに持つことができます。今回PLSTでは、ビジネス、トラベル、休日のおでかけなど、軽さや耐久性に留まらず、機能美が求められるシーンに最適なアイテムをセレクトしました。その一部をご紹介します。

タブレット端末も一緒に持ち歩ける、収納性自慢の「ディスクリート トートMW」

高強度で軽量なコーデュラ社のリップストップナイロンを採用した本品は、ビジネス&トラベルを想定したデザイン。B4書類がすっぽり収まる主室には、ノートPC(最大13インチ)とタブレット端末(最大11インチ)用の個室に加え、ペットボトルをはじめ必需品の収納に適したポケットも多数装備。未使用時にサブポケットとしても活用可能なファスナー式天蓋など、フレキシブルに使える多機能モデルです。W49×H33×D18cm

スマホや財布も持ち運べるから「フラップ 13 MW」はワンマイルバッグの本命になる!

クッション材を内装してノートPC(最大13インチ)の持ち運びに最適化させたドキュメントケース。手のひらを通して抱え持ちできるハンドルを備えるほか、PCルームとは別にサブポケットも搭載。スマホや財布といった手回り品も、ノートPCと一緒に持ち歩くこともできます。バッグインバッグとして、またちょっとしたお出かけ用のバッグとして、オンオフ問わずに重宝します。W37.5×H28cm

旅先のお供にも便利なパッカブル仕様のボディバッグ「ミニ ポッド SL パッカブル」

小ぶりなバッグですが、メイン室には小物の仕分けに便利なサブポケットも装備。その上、細いナイロンを密に織り上げたリップストップナイロンを主素材に使用しているので、ちょっとした雨でも気負わずに街歩きできます。また本品はパッカブル機能付き。小さく折りたためて、なおかつ150ℊと軽量なので、旅先のお出かけバッグとしても便利です。W28×H12.5×D6.5cm

軽快さを底上げしつつ、仕事のパフォーマンスは落とさない

ジャケットとパンツを自由に組み合わせて作るビジネスカジュアルスタイルは、軽快さを重視した装い。通勤バッグの選択肢にトートを加えることもできますが、あくまでビジネススタイルですから、過度にカジュアルなデザインは考えものです。「トートディスクリート トートMW」なら、落ち着いた色合いでトート本来のカジュアルな印象が軽減でき、しかも機能的で仕事のパフォーマンスも損ねません。さらに同色・同素材の「フラップ 13 MW」をバッグインバッグとして併用すれば、見た目に統一感が生まれ、装いがさらに洗練されるのです。


ニュートラルカラーを使った休日の着こなしが、大人っぽく引き締まる

ヘルシーで上品な印象を与える、ホワイトやグレーといったニュートラルカラー。これを軸にスモーキーな差し色を組み合わせた、モダンな色使いが今季のトレンドです。さて、これにどんなバッグを合わせましょう。模範解答は、シックなブラック。中でも「ミニ ポッド SL パッカブル」のような小ぶりなボディバッグなら、見た目の軽快さを損ねることなく、カラーパレットの華やかな調和も乱さない。トレンドと大人っぽさをつなぐ、ブリッジの役割を果たしてくれるのです。


Photo:Shoichi Muramoto〈BYTHEWAY〉
Edit:Shota Ito
Text:Kazuhiro Watanabe
この記事をシェア
mv
PLSTのコスパの裏に隠れた実力を大検証!Vol.27 メンズバッグの大本命「ブリーフィング」2018.06.06
PLSTのコスパの裏に隠れた実力を大検証!…2018.06.06