PAGE TOP

mv mv
LIFE

#川崎貴子の人生相談

積極的に婚活しているのにいい出会いがない!どうしたらパートナーが見つかる⁉<後編>

2018.09.11

的確な助言で恋に仕事に悩める女性たちを救う女上司・川崎貴子さんの人生相談。第2回目は、「マッチングアプリや婚活パーティーでたくさんの男性と出会う機会があるものも、結果的に魅かれる人がいないんです」という相談者Kさんが来訪。前編で男性との向き合い方を指摘され、話は次第に深まっていく…。

結婚したい人=真面目な人?もしかして、その思考が間違っているかも!

川崎さん「Kさんは、真面目な人と結婚したいんですか?」

Kさん「私自身、しっかりしているように見られるんですけど抜けてるところもあるし、パッと衝動的に動いちゃうところもあるので、真面目な方がバランスとれていいのかなあと。でも真面目な方って型通りのことはされるんですけど、臨機応変という面では結構難しい方が多くて。そこにまた私もイライラしてしまって」

川崎さん「そうですね。たとえば、穏やかで優しいんだけど、全く何も決めてくれない、という人もいる。優しいけど決断力もあるっていうのは、男性に求めるダブルスタンダードになってしまう。でも正直、それは難しいですよね。我々女性も、『普段は独立心が強いのに、僕が望むときは上手に甘えられる人がいい』とか言われても困るじゃないですか」

Kさん「はい」

川崎さん「お話を聞いていたら、“あくまでもKさんがパートナーを探す上で”ですが、真面目っていうのは、結構危険なキーワードなんじゃないかと感じました。Kさんの有り余る好奇心に臨機応変に付き合ってくれることと、真面目なことは逆の性格だから。浮気癖があるとか借金癖があるとか、そういうのはNGだけど、真面目であることにはそんなにこだわらなくていいんじゃないでしょうか」

Kさん「なるほど…。そういう意味では、一番最後にお付き合いした方が、本当は自分の中では結婚したかった人かもしれません。社交的なスキルもあって、いろんなことに興味があるから話も合ったんですが、向こうが私と結婚する気がなかったんです」

川崎さん「結婚するタイミングって一人一人違うし、男女ともに好奇心の旺盛な人って結婚先送りのリスクもありますよね。だからやっぱり、絶対結婚したいんですという人が集まっている所で探すのが一番いいと思います。その中で多趣味だったり、好奇心があったり、自分と話題が合いそうな人を見つけてみませんか?いろんなものに興味がある人のほうが絶対いいですよ。だって夫は毎日帰れば家にいるし、毎日しゃべるんだから」

Kさん「そうですね。私も、元々家族がおしゃべり好きなので、やっぱりそういう家族がいいなって思います」

自分の見せ方を理性で縛っていない?男女の出会いはもっと本能的でいい!

川崎さん「Kさんは、結構インドア系の趣味ですよね。アウトドアも対応可能?」

Kさん「1回、ボルダリングとかのそういうパーティーは行ったことあります」

川崎さん「どうでした?」

Kさん「話が合う人はいたんですが、匂いが駄目だったんです」

川崎さん「なるほど。でも逆に匂いがOKかどうかは、スポーツを介した場面だとすぐわかるかもしれませんね」

Kさん「そうかもしれません!あ、あとボルダリングをしている方たちを見た時、状況に俊敏に対応できるかとか、問題解決能力みたいな部分も見えました」

川崎さん「そうなんですよね。男女の出会いって、もっと本当は本能的なんだと思うんです。なんか理論武装してるけど、本当は遺伝子レベルで、この人!というのがわかっているんじゃないかなと」

Kさん「確かに、最初大丈夫だった匂いの人でも別れる直前に、匂いが駄目になる人もいます」

川崎さん「わかる!私もその経験何度もあります!愛が無くなると臭くなるのか?それとも危険信号なのか?これ以上近寄っちゃいけないっていう。(笑)逆に、この人いい匂いって思ったことはありますか?」

Kさん「私じゃなく知人の話なんですが、結婚したお相手の人は、はじめに会った時にいい匂いがしたと言ってました」

川崎さん「それって香水の匂いとかじゃないんですよね。でも、自分にとっていい匂いの方がいたら、本当に希少種。それぐらい遺伝子レベルで相当いいってことなんですから、そう感じたら、離しちゃ駄目ですよ」

聞き上手な自分から飛び出して、面白い自分をわかりやすく見せよう!

Kさん「私は真面目な性格ではありますが、音楽が好きでバンドしていたり、それなりに派手なことが好きなんです。婚活する中で派手な男性に自分が気後れしないようにと、ポールダンスも始めました」

川崎さん「ポールダンス? またすごいところ行きましたね。面白いなぁ(笑)」

Kさん「セクシーで派手な男性に負けないセクシーさを身に付けようと思って」

川崎さん「派手な男性がいい?」

Kさん「派手というか、行動力と決断力がある男性って結構派手な方が多いのかなと思って。自分の中でそういう方にアプローチするのは尻込みしていたので、度胸を付けるために」

川崎さん「本当はご自身も面白いし、好奇心旺盛な男性が好きなのに、婚活と言う事で、真面目で誠実一択にしてしまったのですね。そりゃあ、会う人会う人『何か違う』になりますよ…」

Kさん「はい…本当にそうですよね…」

川崎さん「それにしても、なかなか面白いチャレンジしましたね。もっと出していきましょうよ、そのチャレンジ精神。真面目なだけの人とか、自分の承認欲求に付き合わせようとする男なんて、ポールダンスで十分威嚇できます。もっとわかりやすく自分を見せていってほしいな。Kさんは、むけばむくほどいろいろと引き出しがあって、これをちゃんと事前にアピールしたら、今までのような空振りはないと思います!」

Kさん「そうですね。川崎さんとお話したら、なんだか自分を客観視できたし、もっと自分を出していけそうです。ありがとうございました!」

川崎貴子・今日の格言
「もっと本能的に、自分を隠さず、積極的にアピールすべし!」


川崎さんに相談してみませんか?ご応募はこちらから

川崎 貴子Takako Kawasaki

リントス株式会社代表。
人材派遣会社勤務を経て、1997年に働く女性をサポートするための人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。株式会社ninoya取締役を兼任し、働く女性の結婚サイト「キャリ婚」を運営する一方で、2017年3月「働く女性に成功と幸せを」をコンセプトに、リントス株式会社を設立。「女性マネージメントのプロ」との異名を取る。さらに2018年、家族の絆を強くする貸し切りタイプの写真館スタジオコノジをオープン。12歳と5歳の娘を持つワーキングマザーでもある。著書も多数。

Photo:Takuji Onda
Text:Yuki Miyahara
この記事をシェア
mv
積極的に婚活しているのにいい出会いがない!どうしたらパートナーが見つかる⁉<後編>2018.09.11
積極的に婚活しているのにいい出会いがない!…2018.09.11