PAGE TOP

mv mv
HOME

#掃除マイスターの秘伝プロの技

少ない時間を有効利用!カンタン、確実にキレイにするお掃除テクニック!Vol.8「アイデアグッズ5選」

2018.11.02

忙しい日々を過ごすOLやママに向けて、アイデア満載で、抜群に効率的なお掃除テクニックを提案する新企画。第8回目は、がんばる女性を応援する家事代行会社「ベアーズ」の副社長であり、家事大学学長の高橋ゆきさん直伝の、家にある材料で手軽に作れる便利なお掃除グッズをご紹介します。あるとないとでは掃除の効率が大違い!ぜひ作ってみて!

アイテム① 手が届かない場所のホコリも簡単にキャッチ!スーパーストッキングハンガーの作り方

用意するのはワイヤーハンガー、履き古したストッキング、同じく履き古した靴下(片足)の3点。①ハンガーはフック付近を持って細長いひし形上に伸ばします。②伸ばした部分を覆うように履き古した靴下をグイっと被せましょう。③さらに靴下の上から、ストッキングの片足を被せます。④ハンガー全体を覆ったら、ストッキングの余った部分をフック部分に巻き付けていきます。⑤ハンガーのワイヤーが見えなくなるまですべて巻き付け、ほどけないように固定すれば完成です。⑥ストッキングを巻き付けたフック部分は、柔らかくて握りやすい取っ手に変身!

薄くて軽いこのアイテムなら、手の届きにくい場所でも簡単に汚れがキャッチできます。カーテンレールやエアコンの上など高い所の掃除では先端を曲げ、拭きたい面にハンガーをフィットさせればOK。動かすことが難しい冷蔵庫やソファー、ベッドの下の隙間には本体をグイグイと差し込んで、汚れを掻き出すように取り除きましょう。

アイテム② 持ちやすくて操作性も抜群!逆L字歯ブラシの作り方

まずは使えなくなった古い歯ブラシと、アルミホイルを用意してください。①歯ブラシの首の部分に細長く切ったアルミホイルを巻き、その部分をライターで炙ります。②火の熱で首の部分が柔らかくなったら、先端部分をつまんで歯ブラシの背側に90°曲げます。アルミホイルは高温になっているので触らないように! ③しばらくすると熱が冷め、曲げた部分が固まるのでアルミホイルを外して完成です。※やけどに注意してください。

先が細く、下を向いたブラシは、サッシの桟のように狭い所に溜まったゴミを掻き出したり、汚れを擦り取ったりするのに最適です。また、浴室の隅など、掃除がしにくいうえに、放っておくとカビが生えてしまうような箇所でも力を発揮します。楽な手首の角度をキープしたまま汚れを落とせるので、細かい作業もラクラク! さまざまなシーンで使いたくなるアイデアグッズです。

アイテム③ ゴトクや網も隅々まで洗える!マンゴーカットスポンジの作り方

Vol.1の「キッチン編」で紹介したマンゴーカットスポンジです。作り方は簡単。①市販の食器洗い用スポンジの柔らかい面に、カッターで切れ込みを入れるだけ。切込みの本数は、縦に2本、横に3本程度。深さは底にある固い面との境目を目安に。②格子状になった切れ込みを広げて使いやすくすればOK。

マンゴーカットスポンジに洗剤をつけたら、汚れたものを切れ込みに挟み込んで磨きます。グリルの網に見られるような細くて直線的な部分だけでなく、ゴトクの丸い縁にもぴったりフィットします。挟み込んだら、スポンジ全体を握るようにして動かせば、無駄な力を入れなくても簡単に汚れを磨き落とすことができます。

アイテム④ 取り回し抜群な新感覚スポンジ!ストッキングだんごの作り方

Vol.2の「バス編」やVol.5の「窓編」で紹介したストッキングだんごです。材料は、片足分の靴下と脚の付け根でカットしたストッキング。①まずは靴下をクルクルと丸め筒状にして、芯としてストッキングのつま先に入れます。②その芯にストッキングを巻き付けたら、端をくるっとかぶせて包むように固定。③手の平サイズのストッキングだんごの完成です。

こちらはストッキングの極細繊維と弾力性、静電気を利用して優しく汚れを取ってくれるアイデアグッズです。重曹ペーストをのせ、小さな円を描くように、まんべんなくストッキングだんごを動かすのがコツ。鏡に付いたウロコ汚れを簡単に落とすことができます。

いきなり水拭きをすると汚れがダマ状になる窓のお掃除にも、ストッキングだんごが大活躍。乾いた状態の窓のホコリを簡単に落とすしてくれるのです。

ストッキングだんごを上から下へ、汚れを払い落とすように動かします。ストッキングだんごが細かいホコリまでしっかりキャッチしてくれます。

アイテム⑤ 除菌しながら香りも楽しめる!エタノールアロマの作り方

Vol.3の「玄関編」で紹介したエタノールアロマです。作り方は、空の霧吹きスプレーに、市販の消毒用エタノール200mlと好きな香りのアロマオイルを20滴ほど加えれば出来上がり!

エタノールアロマを濡らして固く絞ったぞうきんの一面に噴きかけて使います。靴箱の棚だけでなく、玄関やトイレの拭き掃除にも使え、ベッドルームで寝具にスプレーしてもOK。お好きな香りが楽しんめるのもアイデアグッズならでは。

アイデアグッズで掃除がよりラクになる、カンタン・時短ポイント


本腰を入れて家の中全体の掃除をしていると、どうしても掃除がしにくいところや、なかなかキレイにならないところが出てきます。作業の流れを妨げるハードルがたくさんあるとスムーズな掃除が続けられず、モチベーションも下がりがち。そんな時は、ここで紹介したアイデアグッズをフル活用してサッと問題解決! 手の届かなかった場所の汚れ、取り切れなかったしつこい汚れを簡単に処理することで、スピィーディーで効率の良い掃除が実現できますよ!

高橋ゆきYUKI TAKAHASHI

暮らしの向上を研究する家事研究家として、各種メディアで活躍。日用品をアレンジした多彩なアイディアグッズを駆使し、多忙なOLやママに効率的な家事のノウハウを紹介する。株式会社ベアーズ副社長。家事大学学長。著書に「いま『使える時間』×キレイにしたい『場所』で選ぶ 楽ラク掃除の基本」(学研プラス)、「プロが教える! ラクちんおそうじ術」(宝島社)


今回は、家にあるものを使って簡単に作れる、アイデアグッズをご紹介しました。どれも“こんなのがあったら掃除が楽になるのに”という願いを叶えてくれるアイテム。しかも、使い古したものを材料にしたエコなものです。今まではスルーしがちだった場所の汚れもしっかり落とし、ワンステージ上の掃除術を身につけましょう!

協力:株式会社ベアーズ

オススメ記事

Photo:Takahiro Idegushi
Text:Toshimasa Mizoguchi
Edit:Shota Ito
この記事をシェア
mv
少ない時間を有効利用!カンタン、確実にキレイにするお掃除テクニック!Vol.8「アイデアグッズ5選」2018.11.02
少ない時間を有効利用!カンタン、確実にキレ…2018.11.02

関連キーワード