PAGE TOP

mv mv
LIFE

#掃除マイスターの秘伝プロの技

〝お気に入りの洋服を大切に〟Part2:洗濯物を早く乾かすテクニック

2019.06.07

ジメジメした梅雨時期は洗濯物の乾きが遅いですよね。部屋干しの機会も増え、うっかりすると生乾きでニオイも発生・・・とお悩みの人も多いのでは?今回はそんなストレスを軽減する、効率的な干し方のアイデアをご提案。がんばる女性を応援する家事代行会社「ベアーズ」の副社長であり、家事大学学長の高橋ゆきさんのアドバイスとともに、洗濯物の干し方について学んでいきましょう。

まずは覚えておきたい、干し方の基本テク

基本① 干し方によって乾燥時間に格段の差が出る!アーチ状に干せば時短に!
干し方には大きく分けて3つの方法があります。長い洗濯物を両端に吊るし、中央に向かって短い洗濯物を干す〝アーチ干し〟、その逆パターンの〝V干し〟、そしてバラバラに干す〝長短干し〟。それぞれの乾燥時間を比較してみたところ、アーチ干しが他の2つと比べて30分も早く乾くという結果が!洗濯物の下に空間ができることで空気が通りやすく、水分蒸発がしやすい、というのがその理由です。

基本② 外干しでは〝こぶし1個分〟をあけてしっかり固定
外干しでハンガーを使うときに注意したいのが〝洗濯物の間隔〟。洗濯物が密着した干し方では、空気の流れを妨げてしまい、乾きにくくなる原因に。〝こぶし1個分〟をあけて干せば、通気性が高くなり、スピーディーに洗濯物を乾かすことができます。また風でズレたり飛んでしまわないよう、洗濯バサミで両脇を固定するのもポイントです。

より効率的に乾かすことができる簡単アイデア

アイデア① パンツは〝筒干し〟にして空気の通りを作る
乾きにくいパンツは〝筒干し〟を実践しましょう。方法はウエスト部分を開くようにクリップで4つほど留めるだけ。ウエストを閉じて干したり、平置きで干すときよりも断然空気の通りがよく、時短に繋がります。ジーンズなど厚みのあるものは、裏返して干すことも忘れずに。ポケット部分の乾きを早めてくれます。また型崩れを防ぎ、美しいシルエットをキープできるメリットも!スカートにも使えるアイデアです。

アイデア② 扇風機やサーキュレーターで風を当てる
自然乾燥では時短にも限界があります。そんなときは扇風機やサーキュレーターを使ってみましょう。洗濯物に直接風を当てることで、より乾きを早めてくれます。生乾きのニオイを防ぐ効果もあり、部屋干しの救世主とも言えるでしょう。エアコンのドライ機能や除湿機を利用して、湿度を下げるとさらに効率的です。

吸水速乾機能を備えたアイテムなら、さらに時短が叶う!

洗濯ものを早く乾かすためのテクニックをご提案しましたが、早く乾く素材の服を選ぶ、というのも手。吸水速乾機能のあるアイテムなら、着ているときに素早く汗を吸収して発散させるだけでなく、洗濯後したあとも乾く時間が驚くほどスピーディです。これからの季節に着心地も快適なので、是非試してみては?

ちょっとのアイデアをプラスすれば、いつものルーティーンが効率的に!


前回と今回で洋服を上手に洗うコツや素早く乾く干し方を紹介しましたが、どれもやってみると意外と簡単。洋服を仕分けてネットに入れたり、アーチ干しやパンツの筒干しなど、いつもの洗濯にちょっぴりアイデアを加えるだけです。大切な洋服を長持ちさせたい、お気に入りの洋服はすぐに着たいなど、洋服を愛する人へのアドバイスをぜひ取り入れてみてくださいね。

高橋ゆきYUKI TAKAHASHI

暮らしの向上を研究する家事研究家として、各種メディアで活躍。日用品をアレンジした多彩なアイディアグッズを駆使し、多忙なOLやママに効率的な家事のノウハウを紹介する。株式会社ベアーズ副社長。家事大学学長。著書に「いま『使える時間』×キレイにしたい『場所』で選ぶ 楽ラク掃除の基本」(学研プラス)、「No.1家事代行『ベアーズ』式 楽ラクうちごはん」(世界文化社) がある。

協力:株式会社ベアーズ https://www.happy-bears.com

オススメ記事

Photo:Takahiro Ideguchi
Text:Yoko Suenaga
Edit:Shota Ito
この記事をシェア
mv
〝お気に入りの洋服を大切に〟Part2:洗濯物を早く乾かすテクニック2019.06.07
〝お気に入りの洋服を大切に〟Part2:洗…2019.06.07

関連キーワード