PAGE TOP

mv mv
FASHION

#最強のメンズ服選び

3万円以内で手に入る!本格派仕立てのスーツに注目

2018.03.01

新年度となる4月が近づき、「スーツを新調したい」と考える方も多いはず。そんな方々に最適なアイテムが登場。本格的なテーラード仕立てと機能性を併せもつ、PLSTのスーツに注目だ!

ビジネスシーンでの活躍を約束する快適な着心地

PLST,プラステ,PLSTmagazine,スーツ,セットアップ,2wayストレッチ,平山祐介

機能性と快適な着心地を両立させた本格派スーツ、「2WAYストレッチテーラードジャケット&パンツ」が登場。上質ウールが19.5マイクロンと言われている中で、さらに繊細な17.5マイクロンのスーパー120クラスの高品質ウールを採用。光沢感を放ち、軽くてしなやかな高級感漂う素材に仕上がっている。ポリウレタンを混紡し、タテ・ヨコに伸びる伸縮性も兼ね備えているため、ストレスフリーな着心地も実現。外回りでの営業やデスクワークなど、あらゆるビジネスシーンに幅広く活躍するはずだ。しかも、こんなにハイスペック仕様のスーツが3万円以下で手に入るのが嬉しい。4月に向けてスーツを新調したいと考えるビジネスマンはもちろん、新社会人となるフレッシャーズにも打ってつけなのだ。

細部に行き届く本格派テーラードのデザインとつくりが差を生む

PLST,プラステ,PLSTmagazine,スーツ,セットアップ,2wayストレッチ,平山祐介
PLST,プラステ,PLSTmagazine,スーツ,セットアップ,2wayストレッチ,平山祐介
PLST,プラステ,PLSTmagazine,スーツ,セットアップ,2wayストレッチ,平山祐介

ジャケットは、襟裏にカラークロスといわれる首に馴染む縫製付属や、襟・ラペル・フラップに手縫い風ステッチを施すなど、ビジネスシーンに信頼と格を与える本格テーラードの仕立てを採用。着心地のよいナチュラルショルダーにほどよくシェイプされたウエストライン、ラペル幅を現代的な7cm幅に設定するなど、細部のバランスにこだわることでモダンな印象に。ストライプ柄のシャツやドット柄のタイとも好相性で、幅広いVゾーンの合わせも可能にする。パンツは、腰まわりからひざにかけて適度なゆとりを入れ、裾に向けて緩やかに細くなるテーパードシルエットが、スッキリとした印象を与える。ウエスト部分の内側には滑り止めパーツを採用しているので、着用時のフィット感が向上し、シャツがずり上がりにくくなっているのもポイントだ。


Photo:Yuji Kawata
Styling:Yohnosuke Kikuchi
Hair&Make-up:YOBOON
Model:Yusuke Hirayama
Text:Takashi Ogiyama
この記事をシェア
mv
3万円以内で手に入る!本格派仕立てのスーツに注目2018.03.01
3万円以内で手に入る!本格派仕立てのスーツ…2018.03.01