PAGE TOP

mv mv
連載

#最強のメンズ服選び

MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム #2_ウォームリザーブパンツ

2019.10.18

ファッションブロガーMB氏が、PLSTのマストハブアイテムをピックアップ。PLSTのものづくりの現場にいるスタッフへのインタビューを通じて、彼ならではの視点で商品の魅力を紐解くと同時に、今年らしく着こなすポイントを伝授します。第二回目は、PLSTを代表する商品、ウォームリザーブパンツをご紹介します。

PLSTってスラックス本っ当に頑張ってるんですよ

ビジネスとカジュアルの境目がなくなりつつある昨今、今やカジュアルブランドでも量販店でも皆綺麗なスラックスを揃えています。ただしスラックスには大きな難点がいくつかあります・・・まず1つは「シワになりやすいこと」。デニムやチノパン、カーゴパンツなどカジュアルパンツと比較して圧倒的に耐久性に劣るのがスラックス。ちょっと着席時間が長いだけで膝裏にはしわがつく、お尻には変なテカリが出る、日常気軽に使えないのは大きなデメリットです。いちいちちょっとしたことでシワがつきその度にクリーニングに出していたんじゃお金もかかってしまうでしょう。

2つ目はこの時期特有の悩み「防寒性」。スラックスは「落ち感」のある素材を使うことでシルエットを綺麗に見せます。ストンとまっすぐ上から下に向かって素材が落ちたようにまっすぐ細身に見えるのがスラックスのシルエット特性。ただ落ち感は素材の厚さとも関係があるため、防寒性を高めようと厚手にすると途端に落ち感は消えてしまい、妙に太く見えるずんぐりしたシルエットになる。この世に溢れる「防寒スラックス」の失敗作の多さをみればそれは誰もが納得できるはずです。

さてそんなカジュアルパンツと比べて脆く儚い特性を持つスラックス、美しいものは儚くまたおしゃれは我慢が必要といえばそれまでですが・・・ビジネス着は日常使う作業着と同様、ビジカジになり日常でも使うようなら尚さら耐久性や機能性は大事です。そこで多くのメーカーがこのスラックスのデメリットと戦わんと日夜商品開発をしているわけですが・・・私はちゃんと知ってますよ、PLSTさんがこの問題にかなり早い時期から取り組んでいたことを!

ウォームリザーブトラウザー

まずはそんな「ウォームリザーブ」素材を使ったトラウザーズ。そもそもウォームリザーブとは吸湿発熱機能を持った特殊な化学繊維のこと。我々の肌の湿気などを吸って熱に変換する機能。これが案外暖かい。体感的に理解できる話ですが、通常暖かくしようと思ったら肉厚の素材となり上記の通り落ち感が損なわれるわけですが・・・こちらは特殊素材で薄手で落ち感があるのに暖かいわけです。ただしもちろんこうした機能素材は他社でも扱っているわけですが、残念ながら他社の素材は化学繊維を使ったことで「スポーティー」な印象が強くなっているものが多いのですね。いかにも「ぼく化学繊維だよ!」と主張するようなテカテカの風合いになってしまい到底ビジカジに必要な高級感や重厚さが見られないものが多い。これでは真っ当なビジネスマンなら抵抗を感じてしまうでしょう。

ところがウォームリザーブはかなり天然素材に近い風合い。あえて今回風合いが目立つように明るめのチェック柄を選んでみたのですがコーディネート写真で見ても全く化学繊維に見えない。高級ウールのような風合いです。

耐久性ももちろん高く、天然繊維のようにすぐにシワになったりテカリが出たりすることがほとんどない。ガツガツ毎日使えて暖かいのに見た目は高級ウール。2年前私がコラボして使わせてもらった時よりも今は開発がすすみ柄や色のバリエーション増えて良い感じ。PLSTさんコツコツ頑張ってるじゃないですか!


ウォームリザーブスリムパンツ

そしてもう一つがこちら。こちらはスラックスというよりスキニーに近いようなシルエット。ウォームリザーブの良いところは「暖かいのに落ち感がある」ところだと上でも書きましたが、実は落ち感が強いためあえて丈を長めにしてもあまりくしゃくしゃとクッションが目立たないのですね。

チノパンやデニムなど硬い素材・厚手の素材で丈を長めにするとどうしてもダボダボとしてクッションが裾まわりについて回るものですが・・・こちらはほとんどそれがない。軽くシワをつけて馴染んでくれるので長い裾でもだらしなく感じないのです。

また黒の発色もとても綺麗で、チノやデニムなどの褪せた色ではなく真っ黒のクッキリした色味になっており大人っぽい高級感があります。値段を見ると1万円以下。PLSTさんほんとこのウォームリザーブ、いつまでもやめないでくださいね。

最近世の中に「アンクル丈」が大変多くなり、若干食傷気味な人もおおいはず。たまには男性的でラフなクッションのついたパンツを選びたい・・・けどデニムやチノでそれをするとやっぱり野暮ったい。そこでこの落ち感の強い素材でやってみてください。スリムシルエットも手伝って案外綺麗にまとまります。パーカーなどカジュアルなアウターで合わせてもあまりルーズな印象にならず上品にまとまります。


MB

アパレル業界での多岐にわたる経験をベースに、現在は自身の運営する会社の代表としてプロバイヤーや企業コンサルタントなどの傍ら、ブログ『最も早くオシャレになる方法KnowerMag』を運営。ブログURL:http://knower.biz/blog/

photo:Mitsuhiro Okuyama 〈deep smarts〉
text:MB
この記事をシェア
mv
MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム #2_ウォームリザーブパンツ2019.10.18
MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム …2019.10.18