PAGE TOP

mv mv
連載

#最強のメンズ服選び

MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム #3_モッズコート

2019.10.25

ファッションブロガーMB氏が、PLSTのマストハブアイテムをピックアップ。PLSTのものづくりの現場にいるスタッフへのインタビューを通じて、彼ならではの視点で商品の魅力を紐解くと同時に、今年らしく着こなすポイントを伝授します。第三回目は、メンズの永遠の定番ともいえるモッズコートをご紹介します。

メンズファッションのマスターピースである「モッズコート」!高機能・低価格なPLSTのコートがオススメ!

いつまでも人気が衰えないメンズファッションのマスターピースであるモッズコート。歴史を振り返れば1960年代UKにおけるムーブメントである「モッズ」支持者達が夜な夜なバイクでパーティーに向かう最中、スーツが汚れないようにと米軍の防寒着であるM51コートを外套として使い始めたことに端を発します。そこから一気にモッズコートは一般化しあらゆるデザインバリエーションが作られることになりますが、未だ「オリジナル」である米軍のM51コートは絶大な人気を誇っています。古着市場でも人気が高く長い間品薄が続いており、移り変わりが激しいファッショントレンドの中10年と言わず50年以上愛されている稀有な存在となっています。

個人的にもああだこうだといじり倒してデザインを付加させたモッズコートよりも50年愛されてる「オリジナルデザイン」こそが完成形だと思っています。私も長らくオリジナルのM51を愛用していますが・・・デザインは確かに文句なしなのですが、機能面やシルエットはちょっと日本人にローカライズしたものが欲しい。

例えば私たちはモッズコートを愛したイギリス人よりも顔が大きい。顔の大きさを隠すためには顔まわりに布があると良いのですが、米軍モッズコートは素材感が少し柔かいためどうしてもフードが寝てしまい小顔効果が生まれにくい。我々顔でかの日本人が着るならフードは大きく小顔効果が働くものが好ましいのです。

また米軍のM51は袖周りが少し太すぎる。着こなしでカバーはできるものの、パッと何も考えずに羽織るとどうしてもブカブカと野暮った印象になってしまう。華奢な私たちには袖はもっと細い方が好ましい。

とそんなモッズコートの不満を解消すべく、様々なブランドが「ローカライズされたモッズコート」を展開しているのですがPLSTのモッズは殊更完成度が高い。

素材がかなり固めで襟立ちが極めて良い。取り外し可能なボアが装備されているおかげでフードの立ち方はさらに美しい。小顔効果が働き日本人の体型をスタイルアップしてくれます。また袖も本来のM51よりも細身になっており華奢な日本人体型にはぴったり馴染む。でも身幅はオリジナルに近く広めとなっておりインナーは様々なものを入れられる上、体の線を拾わないでいてくれる。

撥水加工など都市生活に必要な機能性も盛り込まれています。実際に着用していますが(まだちょっと暑いけど...)水はかなり弾いてくれるしポケットも容量たっぷりなので近所に行くならバッグいらず。中のボアはこの時期は抜いて使って、真冬は装備して、と調整もできるのが有難い。

色々と調整している反面デザイン自体はオリジナルのM51をほぼそのまま使っています。個人的にもこれが大正解。やっぱり50年愛されるデザインは下手に崩すべきではありません。やるべきは「ローカライズ」のみで十分。

さて着こなしですが...カジュアルにデニムなどに合わせるならインナーや足元はちょっとフォーマルに整えるのがおすすめです。シャツにニットに革靴とモッズコートのカジュアルな印象を位打ち消すようにフォーマルライクな着こなしを組み合わせること。

あまり地味にならないように色味を入れてあげても良いでしょう。モノトーンの着こなしも良いですが、秋は色を使える時期。どうせ冬になったら前をとめてインナーが見えなくなり地味な印象が強くなるのだから、この時期に色を楽しんでおきましょう。シャツは白ではなくベージュ、ニットは黒ではなく濃いめのブラウンなど、ほんのちょっと色を入れるだけでも着こなしは新鮮なものになります。


MB氏着用商品

個人的にはUKのオリジナルの着こなしである「スーツにモッズコート」も大好物。ただしビジネススーツに合わせると「踊る大捜査線」になっちゃうので、合わせるものは細身のカジュアルスーツがおすすめ。インナーはカジュアルなカットソーやスウェットなどを持ってくると良いでしょう。これならデートに着ていってもOK、コートを脱げばレストラン用のフォーマルな着こなしに早変わり。スーツでキメすぎが嫌だと思う人は前を閉じてあげればジャケットを着てると分かりませんのでそれでも良いでしょう。

この手の着脱式のライナーがあるモッズコートは値段もそれなりに張るものですがPLSTは2万円を切る破格。この手のコートにしてはかなり手頃です。是非試してみてください。


MB氏着用商品

MB

アパレル業界での多岐にわたる経験をベースに、現在は自身の運営する会社の代表としてプロバイヤーや企業コンサルタントなどの傍ら、ブログ『最も早くオシャレになる方法KnowerMag』を運営。ブログURL:http://knower.biz/blog/

photo:Mitsuhiro Okuyama 〈deep smarts〉
text:MB
この記事をシェア
mv
MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム #3_モッズコート2019.10.25
MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム …2019.10.25