PAGE TOP

mv mv
連載

#最強のメンズ服選び

MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム #7_ウォームリザーブトラウザーズ

2019.12.19

ファッションブロガーMB氏が、PLSTのマストハブアイテムをピックアップ。PLSTのものづくりの現場にいるスタッフへのインタビューを通じて、彼ならではの視点で商品の魅力を紐解くと同時に、今年らしく着こなすポイントを伝授します。第7回目は、ビジネスからクリーンなカジュアルまで幅広いスタイリングが楽しめる、ウォームリザーブのトラウザーズをご紹介します。

ウォームリザーブトラウザーズはベージュとシャドーチェックがこの時期おすすめ

まず、ウォームリザーブの魅力は何と言っても美しさと機能性を両立したところ。
本来スラックスにおいて美しさと機能性は相反するものでした。なにしろスーツで使われる高級ウールは極上品になればなるほど脆くなり、頻繁なケアが必要になってくる。
スーツのウールは光沢があるものほど良いものであるとされていますが、光沢は一体どのようにつけるのか?加工で光沢をつけることも勿論可能ですが、基本的には糸を細くすることで光沢は生み出せます。
女性の繊細な髪の毛ほどツヤがあるのと同じ、ウールも糸が細ければ細いほど美しい光沢を帯びるもの。そして細くなればなるほど当然耐久性は失われていき頻繁なケアが必要となる。
高級スーツは文字通りケアが必要な「贅沢品」というわけですね。そして機能性を重視してシワになりにくいケアが必要ないものを、と思えば当然ウール特有の美しい風合いは失われてしまう。チノ素材やデニムなどは耐久性は高いですが、ウールのようなツヤはなかなか生まれないですね。美しさと機能性は得てして反するものなのです。

そこでこのウォームリザーブ、機能繊維を使った高機能で耐久性の高い素材ですが、見栄えは完全に高級ウール。触れば風合いはウールではないと気がつけますが、見た目は素材感に膨らみがありどう見ても高級ウール。
なのにヘビーに着用してもシワにならずタフ。ストレッチ性が高く動きやすい上に膝抜けしにくい。本来美しさと機能性はトレードオフですが・・・これはスラックスのジレンマを解消したアイテムなのです。

またウォームリザーブは吸湿発熱、人体から出る湿気を吸って熱に変換する高機能素材。薄手のウールは高級感のあるツヤを生みますが、どうしても保温性に欠けるもの。保温性と美しさというトレードオフもここで解消しているわけです。

色が沈みがちな冬におすすめ!ベージュカラー

そして個人的におすすめの新色がベージュ。ちょっと冬らしからぬ色ですが、これから買うならこんな色が良いでしょう。何しろ今の時期はダウンにロングコートにどうしても重苦しいアウターばかりになってしまうでしょう?今はまだそれが新鮮に感じられるでしょうが、もう1ヶ月も経てば上下黒い重苦しいコーディネートにすっかり飽きてしまうはず。すると欲しくなるのは「春の要素」です。

1月になればショップでは皆春物の新作が並び出す季節。おしゃれな人ほどこの時期は春を意識してくるはず。ただ1月の日本はまだまだ寒い。ダウンもコートも欠かせないため、上半身はどうにも重苦しい印象を捨てられない。そこで足元にこうした軽めの色を持ってくることで、少し軽く見せてあげると良いでしょう。

本来コーディネートの色配置は、重い色ほど下に集めた方が安定感が出ます。我々の目は重力になれているので、重く感じる暗い色が下にあった方が安定感があって馴染んでみえます。しかし、そこであえて軽い色を下半身に持ってくるわけです。すると、重力に反した色配置なのでパッと目につきやすくなる。春らしい軽い印象が目につきやすくなり、1月の装いをグッと新鮮に見せてくれるのです。


MB氏着用商品

シンプルな着こなしに少しだけ彩りを。シャドーチェック柄

また、ダークトーンを選びたい人でも今年はこうしたシャドーチェック柄がおすすめ。真っ黒やダークネイビーではなく、こうしたわずかに柄が入ったものを選ぶことで、シンプルな着こなしに少しだけ彩りを加えることとなるでしょう。

アンダー1万円のスラックスは今や色々なブランドで出していますが、PLSTほど機能面も美しさもバランスが取れたところはレアです。ぜひ、一度体感してみてください。


MB氏着用商品

この記事をシェア
mv
MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム #7_ウォームリザーブトラウザーズ2019.12.19
MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム …2019.12.19