PAGE TOP

mv mv
連載

#最強のメンズ服選び

MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム #9_万能セットアップ

2020.01.31

ファッションブロガーMB氏が、PLSTのマストハブアイテムをピックアップ。PLSTのものづくりの現場にいるスタッフへのインタビューを通じて、彼ならではの視点で商品の魅力を紐解くと同時に、今年らしく着こなすポイントを伝授します。第9回目は、機能性にも優れたビジカジスタイルにぴったりのセットアップをご紹介します。

糸から開発したスーツ!ストレスレス、だけどウールライク!

現在ではブランドから量販店まで、幅広いお店が「普段着スーツ」が提案しています。着心地が良くストレスレスで日常着としても仕事着としても使えるONOFF兼用セットアップ。その便利さから多くの人が取り入れ、結果街中のメンズはスーツスタイルが急速に増えていきました。仕事着と普段着の垣根が消えつつありますますファッションが自由になっている様にも思えます。

ただし普段着スーツには一つ難点があります。
それは「安っぽい素材感」。

おしゃれに我慢はつきもの、といいますがその典型例こそまさにスーツでしょう。ビジネススーツやフォーマルスーツはケアを正しくしていないとすぐにテカりが生まれ、1日着用しただけで膝裏肘裏背中にはシワがたまってしまう。クリーニングとケアに追われてとにかく扱いにくいのがスーツですよね。「普段着」として使うならこの煩雑さとは我慢できない・・・そこで現在広く展開されている「普段着スーツ」の多くが化学繊維を取り入れており、「自宅で洗える」「シワにならない」「ストレッチ性が高い」とスポーツ素材の技術を応用しています。

しかしそこには落とし穴があります、それが「安っぽい素材感」。
「ストレスレス」を意識してスポーツライクな素材を使えば使うほどどうしてもナイロン風のテカりが生まれ生地厚が無くなりチープな印象が際立つもの。・・・これをいかにして解消するかを多くのブランドが挑戦しています。

そしてPLSTはかなり以前からこの課題に取り組んでおり、今回紹介するスーツなどは自社で「糸」から開発するほど。素材屋さんに素材を別注する話は聞きますが、この価格帯で「糸」から自社で開発するってなかなかレア。PLSTの台所事情が心配になります笑。採算取れてるの・・・??

さてそんなPLST渾身の素材を使ったこちらのスーツ、とにかく触ってみてほしい。広く普及しているスポーツ素材のスーツと同様に生地の風合いはさらりとしており着心地抜群。ストレッチ性も高く、1日着用してみましたがシワはほとんどつかない。細めのスーツは特にシワがつきやすいのでこれだけシワが定着しにくいのは本当にありがたい限り。(防しわ加工がついている様です)

そして肝心の風合いですが、これはもうウールです笑。膨らみのある素材感や化学繊維風のテカりがほとんどない。よくぞここまでリアルに再現したものです。

そして肩パッドのないアンコン仕立てではあるのですが、アンコンにするとシルエットがヘタリ、袖や背中など不要なところにシワが寄るデメリットがあります。しかしこちらは袖まわりなどの仕立てが綺麗で芯がなくてもシワが出にくい。本当にウールスーツのようなシャキッとしたフォーマルな印象が出ています。


MB氏着用商品

※インナーのジャージーストライプシャツ(36-0108025)は2月上旬発売予定です

オンにもオフにも。スタイリングの幅が広い万能セットアップ

ビジネスシーンにシャツと合わせて使うのももちろんおすすめなのですが、このくらいストレスレスな着心地ならスニーカーに合わせてカジュアルで使うのも超おすすめ。

個人的にはスラックスのシルエットが特に気に入りました。ウエスト周りはゆったりなのに裾にかけてしっかりと細くなっているテーパード型。足回りにコンプレックスを持っている日本人は多いと思いますが、すらりと脚長のシルエットを誰でも簡単に出せます。ベルトレスで履けるイージーウエストやドローコードのデザインも気が利いていて文句なし。値段も他ブランドのセットアップと比べるとかなりお値打ち、糸から開発してよくこの値段で出せるなあと感心しきりです。PLST内の連載だからではなくこれは本当に買い。私はネイビーカラーをチョイスしました。春用のスーツを探している方は是非。


MB氏着用商品

この記事をシェア
mv
MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム #9_万能セットアップ2020.01.31
MB氏がセレクト!PLSTの優秀アイテム …2020.01.31