PAGE TOP

mv mv
FASHION

#注目のitアイテム

カシミヤストールの代名詞「ジョンストンズ」のPLST別注が登場!

2018.11.25

数あるプラステの人気アイテムの中から、いま着たい注目の“it”アイテムをピックアップ。機能面、デザイン性、トレンド感、さまざまな視点で魅力を紐解いていきます♡ 今回ピックアップするのは、冬スタイルに欠かせないストール。PLSTが別注をオーダーしたのは、カシミヤストールの代名詞的存在「ジョンストンズ」! 今季のトレンドでもある、チェックにフィーチャーしてご紹介します。

首に巻いたり、羽織りにしたり。
大判ストールだからこそ、アレンジは自由自在!

「ジョンストンズ」といえば、スコットランド最古の生地メーカー。最高級のカシミヤを使ったストールは憧れの存在でもあります。その肌ざわりや発色は他にはない素晴らしさがありますが、お値段も張るものが多く、欲しいなと思いながらも、なかなか手が出せない・・・、という方もいるのではないでしょうか。そんな方に朗報です! なんとPLSTが別注でオーダーしたストールは、高級ウールを混紡することで、ぐっと手の届きやすいプライスに! カシミヤ53%、ウール47%の混紡ですが、ふんわりとなめらかな肌触り、ずっとまとっていたい暖かさ、そして鮮やかな発色は引けをとりません。

またサイズも全長206㎝✕幅76.5㎝と大判なので、首にたっぷりと巻いてもいいですし、さっと肩にかけて羽織代わりにも。軽くて柔らかいので、手持ちしていても負担になりません。


冬のコーディネートに華やぎを添えるカラフルストール

スコットランドの伝統的な赤を使ったチェックは沈みがちな冬のコーディネートにパッと華やぎを添えてくれます。またトレンド色を取り入れたイエロー✕グレーは、一気に今季らしいスタイルへと引き寄せてくれます。

万能に使えるベーシックカラーストール

ベーシックカラーのブラウンや白を基調にしたストールや、細やかなグレンチェックのものなら、カジュアルになりすぎず、通勤スタイルにも使いやすいんです。特にグレンチェックは、遠目には無地にも見えるので、合わせるアイテムを選ばず、万能!

ジョンストンズはスコットランド最古の生地メーカー

今回、PLSTが別注をオーダーしたジョンストンズは、1797年にスコットランドで創業した歴史ある生地メーカー。カシミヤやラムズウールなどの高級素材を使った生地は、世界のトップメゾンからも支持されています。今季のビッグトレンドであり、冬のコーディネートのアクセントになるチェック柄のストールは、ブランドを象徴するアイテムです。

スタイリスト徳原文子さんも注目!
冬の着こなしをアップデート♡ ストール使いのアイディア

「程よい大人配色のチェックと肌触りのよさが魅力」とスタイリスト徳原さんも太鼓判を押すジョンストンズのストール。この冬おすすめのPLST別注ストールを使ったスタイリングを教えていただきました。

アイディア➊
大判ストールはさっと羽織ってアウター代わりに

大判だからこそできる、羽織りとしてのストール使い。ストールが主役になるからこそ、配色が重要になります。「チェックのストールは地味になりやすい冬のコーディネートの救世主。ともすると幼く見えてしまうこともあるので、落ち着いた配色のものをベーシックカラーのコーディネートに合わせてみて。程よい大人カジュアルが即完成します」


アイディア❷
万能なグレーは黒とキレイ色の“つなぎ”に最適

どんな色ともなじむグレー見えする細かなグレンチェックのストール。手持ちしたり、首にさらりと巻くことで、コーディネートの優秀な調整役になってくれます。「寒くなると肌触りのいいストールは手放せないアイテム。どんな色にも相性のいいグレー見えするグレンチェックは毎日のお供として重宝します。たとえば黒のダウンとキレイ色のパンツ、コントラストの強い2色を上手になじませて、コーディネートのつなぎの役割もしてくれます」


Photo:Keiko Terayama、Takehiro Uochi
Styling:Fumiko Tokuhara
Text:Rina Koyama
この記事をシェア
mv
カシミヤストールの代名詞「ジョンストンズ」のPLST別注が登場!2018.11.25
カシミヤストールの代名詞「ジョンストンズ」…2018.11.25