PAGE TOP

mv mv
FASHION

#注目のitアイテム

J BRAND PLST別注と考える、スタイリスト亀恭子「デニム論」

2018.12.17

数あるプラステの人気アイテムの中から、いま着たい注目の“it”アイテムをピックアップ。機能面、デザイン性、トレンド感、さまざまな視点で魅力を紐解いていきます♡ 今回ピックアップするのは、美脚デニムの代名詞的ブランド「J BRAND」の PLST別注スキニーデニム。人気スタイリストの亀恭子さんがその魅力とともに、ご自身の「デニム論」を教えてくれました。

デニムは“私”を確かめるためのもの

「私にとってデニムは自分自身のコーディネートを確かめるもの。デニムは“雑”にコーディネートすると“雑"にしかなりません。私にとっては便利でラクなアイテム、という立ち位置にはないような気がします。だからこそ、デニム自体も、自分の体型に合ったもの、今っぽさを感じさせるものに更新するようにしています。細身でありながらも体型をカバーし、美脚に見せてくれるJBRANDは信頼するブランドのひとつです。そしてコーディネートするときは、緊張感を持って、デニムのシルエットや色合い、着ていくシーンなどをじっくり考慮。私自身はその緊張感が実は大好き。これこそがデニムの醍醐味だと思っています」

別注デニムは全2カラーで展開

今回の別注デニムは、亀さんが着用したインディゴとブラックの2色。ほどよいユーズド感のあるインディゴとコーディネートをきりっと引き締める漆黒。最初にはいたときに「まるではいていないような柔らかさ!」と亀さんも驚いたという柔らかさと締め付けのないストレッチ性は、リヨセルを使うことによって実現したもの。


ボタンには小さく”J”の文字があしらわれています。そっとエレガントさをプラスしてくれるつや消しのゴールドも秀逸。

亀恭子さんがレクチャー! ストレッチデニムの最旬コーディネート術

メンズライクなアイテムでデニムの女らしさを引き立てる

「しっかりと脚にフィットしながらも締め付け感のない柔らかなデニム。脚のラインを美しく女性らしく見せてくれるからこそ、合わせるアウターは対照的にメンズライクなMA-1にしました。ほどよくボリューム感のあるブルゾンでシルエットにもメリハリがついてバランス良く見せてくれます。ブルゾンのインナーは清潔感のあるネイビーのニットを合わせ、カジュアルになりすぎないようにまとめました」

「伸縮性が強すぎると締め付けが苦しいこともありますし、体型も露わになりすぎてしまいます。でも、JBRAND✕PLST別注のストレッチデニムはリヨセルを使うことで、フィットはするのに締め付けがないので、脚のラインを上手にカバーしてくれます」

※デニム以外はすべて亀さん私物


レギンス感覚でビッグシルエットのニットと一緒に

「柔らかいすっきりと細身のデニムだからこそ、レギンス感覚でロングニットとレイヤードしてもすっきりと着こなせます。こちらのコーディネートでは、JBRAND PLST別注デニムのシャープな一面を際立たせようと思い、ふんわりフェミニンなニットを合わました。ロングニットで重心が下がりすぎないように、目線を上げるためキャスケット、足元はヒールで高さをプラスしました」

「本当にしなやかなデニムなので、どんな動きもスムーズ。座っていても窮屈に感じることはまったくありません」


※デニム以外はすべて亀さん私物


Profile

亀 恭子Kyoko Kame

スタイリスト 約3年間のOL生活を経て、『CanCam』からスタイリストとしてデビュー。シンプルでありながら、程よくトレンドを効かせた、女性らしいスタイリングが人気。
Instagram:@kame_kyo

Photo/Keiji Hirai
Styling&Model/Kyoko Kame
Hair&Make/Taisei Kuwano(ilumini)
Text/Rina Koyama
この記事をシェア
mv
J BRAND PLST別注と考える、スタイリスト亀恭子「デニム論」2018.12.17
J BRAND PLST別注と考える、スタ…2018.12.17