PAGE TOP

mv mv
LIFE

#黒瀬佐紀子の時短料理

あの土地のあの味を簡単に味わう!「ご当地缶づめ」の絶品グルメ

2018.10.25

ひとたび開ければグルメワールド、それが「缶づめ料理」。缶づめ料理研究家・黒瀬佐紀子さんが超簡単にできるおつまみや、ひと手間で見栄えのするメイン料理を紹介します。今回ご紹介するのは「ご当地缶づめ」を使った料理。自分では思いつかない味に出会えて、料理アイデアの引き出しがググッと増えること間違いなし!

【3分レシピ】「めんツナかんかん」とレンコンのきんぴら

まずご紹介するのは、「めんツナかんかん」というネーミングの缶づめ。明太子の老舗「ふくや」の商品で、国産のびんながまぐろのツナを明太子風味の液になじませた、ピリ辛がクセになる味です。このきれいな白色をしたツナの肉質は「ホワイトミート」と呼ばれ、口当たりが柔らかく、缶づめの中では最高級とされる原料だとか。この至極の一品を惣菜の定番「きんぴら」に加えるだけで、手の込んだような味わいを楽しめるのです。

<材料>
・ めんツナかんかん缶‥‥‥‥1缶(90g)
・ レンコン‥‥‥‥‥‥‥‥‥160g
・ ごま油‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ1
・ みりん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ1
・ すだち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1/2コ

<作り方>
① レンコンは2mmほどにスライスし、フライパンにごま油をしいて炒める。
② レンコンに火が通ったら、めんツナかんかん缶とみりんを加えて全体を炒め合わせる。
③ 器に盛り、すだちを添える。
完成!

レンコンに火が通ったところでツナを投入すると、ツナのホワホワ感が生きた食感に。缶づめの液ごと一気に入れて、風味を出しましょう。

【5分レシピ】「オイルサバディン」とトマトのペンネ

次にご紹介するのは、「オイルサバディン」という缶づめ。駿河のさばを鯖節伝統製法でスモークし、旨味を凝縮させてオリーブオイルに漬けたという風味豊かな一品です。噛むほどに味わい深さを感じるこの味を、パスタ料理に取り入れてみましょう。燻製された鯖の香ばしさがトマトソースにしっかりと絡み、口の中に旨みがじわっと広がる美味しさ。スプラウトと一緒に味わえば後味もすっきり。

<材料>
・ さば燻製油漬け缶‥‥‥‥1缶
・ ペンネ‥‥‥‥‥‥‥‥‥160g
・ ミニトマト‥‥‥‥‥‥‥8コ
・ オリーブオイル‥‥‥‥‥小さじ2
・ 塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥適量
・ スプラウト‥‥‥‥‥‥‥適量

<作り方>
① ペンネは表示より1分短い時間茹でる。
② フライパンにオイルをしいて、半割にきったミニトマトを炒める。
③ ②に茹で上がったペンネとさばを缶汁ごと加えて全体を炒め合わせ、塩で味をととのえる。スプラウトを添える。
完成!

鯖がホロホロと柔らかいので、身が崩れないようにさっくりと炒め合わせるのがコツ。缶づめのオイルは、ソースを絡めるようにペンネ全体に混ぜ合わせましょう。

いかがでしたか?地元が誇る味を気軽に味わえるのは嬉しいですよね。パーティー料理として出せば、会話も広がるかも?
さて次週は、スーパーでよく見かける食材「ホワイトアスパラ缶」をピックアップします。意外に知られていない、ホワイトアスパラが主役のレシピを、ぜひお楽しみに!

黒瀬 佐紀子Sakiko Kurose

缶づめ料理研究家。フードスタイリスト。
雑誌・書籍・広告・TVなどで活躍するほか、商品プロデュースも手掛ける。著書は「缶つま」、「缶詰食堂 いつでも手軽に安うまレシピ」、「かんたん晩酌缶詰レシピ50 ほろ酔い♪女子つまみ」、「さば缶ダイエット ヤセるホルモンがふえる!」。

オススメ記事

Text:Yuki Miyahara
この記事をシェア
mv
あの土地のあの味を簡単に味わう!「ご当地缶づめ」の絶品グルメ2018.10.25
あの土地のあの味を簡単に味わう!「ご当地缶…2018.10.25

関連キーワード