PAGE TOP

mv mv
FOOD

#黒瀬佐紀子の時短料理

缶づめレシピ「牛肉の大和煮」3分でお惣菜、5分で満腹ごはん!

2018.11.15

ひとたび開ければ広がるグルメワールド、それが「缶づめ料理」。缶づめ料理研究家・黒瀬佐紀子さんが3分でできるお惣菜と、5分で見栄えのするメインディッシュを紹介します。今回使用するのは「牛肉の大和煮」。醤油味でじっくり煮こんだやわらかい牛肉は、ホッとするそのままの和風味を生かすも良し、もうひと捻りして洋風に味を変化させるもまた良し。忙しい毎日の食卓に活躍度大な一缶なのです。

【3分レシピ】牛肉の大和煮とほうれん草のごま和え

あと一品欲しい!なんていう時に、ぜひお試しいただきたい簡単レシピがこちら。「牛肉の大和煮」は缶のまま湯煎で温めればOKという手軽さ。調味料はいらず、旨味たっぷりの汁だけで味が完成するのも嬉しい限り。柔らかいお肉にほうれん草のシャキシャキとした食感がプラスされ、知らぬ間に箸がすすむこと間違いなし!

<材料>
・ 牛肉の大和煮‥‥‥‥1缶
・ ほうれん草‥‥‥‥‥1輪(約140g)
・ すりごま‥‥‥‥‥‥大さじ1
・ 缶の汁‥‥‥‥‥‥‥大さじ1〜1.5

<作り方>
① ほうれん草はゆでて水にさらしてから、しっかり水気を絞り3cm長さに切る。鍋のお湯は捨てないで!
② ①の鍋に残った湯で、牛肉大和煮缶詰を3分ほど湯煎して温める。
③ ボウルに①のほうれん草と②の缶の汁を入れてよく混ぜ、②の牛肉とすりごまを加えて全体を和える。
完成!

缶の湯煎は、ほうれん草の茹で汁を使えばOK 。缶詰は熱伝導率が極めて高いので、中身に熱がじわっと伝わり、まんべんなく温まります。缶を取り出す時は熱いので、トングなどを使用してやけどに気をつけて。

【5分レシピ】大和煮ハッシュドビーフ風

お肉の和風味を生かしながら、洋食のメインディッシュに仕上げるという、少しウワテなレシピをご紹介。お肉の醤油味や油分がデミグラソースにコクと旨味をもたらし、じっくり長時間煮込んだような美味しさに。ご飯にかけて食べれば、大人も子供も思わずおかわりしたくなるハッシュドビーフの出来上がり!

<材料>
・ 牛肉の大和煮‥‥‥‥1缶
・ タマネギ(薄切り)‥1/2コ分
・ トマトジュース‥‥‥60ml
・ 赤ワイン‥‥‥‥‥‥50ml
・ バター‥‥‥‥‥‥‥10g
・ 小麦粉‥‥‥‥‥‥‥小さじ2
・ しょう油‥‥‥‥‥‥小さじ1/2
・ ご飯‥‥‥‥‥‥‥‥適量
・ グリーンリーフ‥‥‥適量

<作り方>
① フライパンにバターを溶かし、タマネギと小麦粉を入れて炒める。
② タマネギがしんなりしてきたら、トマトジュース、赤ワイン、牛肉の大和煮缶詰を缶汁ごと加え、中火で混ぜながら3〜4分とろみが出るまで煮詰め、しょう油をかけて全体を混ぜる。
③ 器に白ごはんを盛り、②をかけ、グリーンリーフを添える。
完成!

お肉の旨味が、トマトジュースや赤ワインにしっかりと溶け込むよう、缶の汁はすべて使い切りましょう。

いかがでしたか?一般的に酒のアテとして好まれる「牛肉の大和煮」が、副菜やメインディッシュに使えるというのは、嬉しい発見ですよね。
さて次回は、「うずら卵」の缶づめレシピをご紹介します。お楽しみに!

黒瀬 佐紀子Sakiko Kurose

缶づめ料理研究家。フードスタイリスト。
雑誌・書籍・広告・TVなどで活躍するほか、商品プロデュースも手掛ける。著書は「缶つま」、「缶詰食堂 いつでも手軽に安うまレシピ」、「かんたん晩酌缶詰レシピ50 ほろ酔い♪女子つまみ」、「さば缶ダイエット ヤセるホルモンがふえる!」。

オススメ記事

Text:Yuki Miyahara
この記事をシェア
mv
缶づめレシピ「牛肉の大和煮」3分でお惣菜、5分で満腹ごはん!2018.11.15
缶づめレシピ「牛肉の大和煮」3分でお惣菜、…2018.11.15

関連キーワード