PAGE TOP

mv mv
FOOD

#黒瀬佐紀子の時短料理

缶づめレシピ「さんま蒲焼」3分で朝食、5分でディナー!

2019.02.07

ひとたび開ければ広がるグルメワールド、それが「缶づめ料理」。缶づめ料理研究家・黒瀬佐紀子さんが3分でできる簡単料理と、5分でできるメインディッシュを紹介します。今回使用するのは「さんまの蒲焼」。甘辛の醤油タレと香ばしさが人気のこの缶づめを、さらに美味しくいただいてみましょう。少しの手間で、こんなに彩り豊かな一品が完成するんです!

【3分レシピ】さんま蒲焼ピザトースト

和風の甘辛醤油は、意外やチーズとの相性が抜群。その好相性を生かしたのがこちら、ピザトーストのトッピングにするというアイデアです。チーズが絡んだ蒲焼は少しマイルドな味になるので、トーストいっぱいに敷き詰めてもペロリと完食。トマトの酸味やピーマンの苦味も加わり、とってもグルメな一品に。食べごたえ十分、忙しい朝の見方です!

<材料>2人分
・ さんま蒲焼缶‥‥‥‥1缶(総量100g)
・ 食パン‥‥‥‥‥‥‥2枚
・ ミニトマト‥‥‥‥‥2コ
・ ピーマン‥‥‥‥‥‥1/2コ
・ ピザ用チーズ‥‥‥‥30g

<作り方>
① ミニトマトは4等分に、ピーマンは5mm幅に切る。
② 食パンにさんま蒲焼のタレを少々塗り、さんま1/2量をざっくりほぐしながら均等に置く。1/2量のピザ用チーズ、ミニトマト、ピーマンをのせる。同様にもう1枚作る。
③ トースターでチーズが溶けて軽く焦げ目がつくまで焼く。
完成!

ピザソースの代わりに、缶づめのタレを薄く全体に広げて塗りましょう。タレが食パンに馴染み、風味がアップします。

【5分レシピ】さんま蒲焼の卵とじ丼

料理のやる気が出ない日ってありますよね。疲れている時こそスタミナをつけたいのに…、なんていう人にオススメのレシピをご紹介!さんま蒲焼の味の濃さを利用して、時間をかけずに、ボリュームたっぷりの卵とじ丼が完成。タレが絡んだ卵の風合いや、さっぱりと仕上げる黒酢のおかげで、もりもり食べられること間違いなし。素早くできて栄養満点、今すぐお試しを!

<材料>2人分
・ さんま蒲焼缶‥‥‥‥1缶(総量100g)
・ 三ッ葉‥‥‥‥‥‥‥15g
・ 黒酢‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ1
・ 水‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1〜2
・ 卵‥‥‥‥‥‥‥‥‥1コ
・ ラー油‥‥‥‥‥‥‥適量
・ ごはん‥‥‥‥‥‥‥適量

<作り方>
① さんま蒲焼のタレ、黒酢、水を合わせて、大さじ3の分量にする。
② 小鍋に①とさんまを入れて火にかけ、沸いたら中火で1分ほど煮る。
③ 刻んだ三ッ葉と溶き卵を入れてふたをして火を止め、1分ほど蒸らす。ごはんの上に乗せてラー油をかける。
完成!

さんまをフライパンに入れる前に、タレと黒酢と水を混ぜ合わせた汁を入れましょう。ふわっと香り立ち、手の込んだような煮汁があっという間にできます。


いかがでしたか?酒の肴というイメージのある「さんま蒲焼」ですが、実は料理のレパートリーも広いんです。コスパも断然良いので、気軽にトライしてみてくださいね。
さて次週は、缶づめの中でも変わり種の「からあげ」と「四川風よだれ鶏」の缶づめを使ったレシピをご紹介します。お楽しみに!

黒瀬 佐紀子Sakiko Kurose

缶づめ料理研究家。フードスタイリスト。
雑誌・書籍・広告・TVなどで活躍するほか、商品プロデュースも手掛ける。著書は「缶つま」、「缶詰食堂 いつでも手軽に安うまレシピ」、「かんたん晩酌缶詰レシピ50 ほろ酔い♪女子つまみ」、「さば缶ダイエット ヤセるホルモンがふえる!」。

オススメ記事

Text:Yuki Miyahara
この記事をシェア
mv
缶づめレシピ「さんま蒲焼」3分で朝食、5分でディナー!2019.02.07
缶づめレシピ「さんま蒲焼」3分で朝食、5分…2019.02.07

関連キーワード