PAGE TOP

mv mv
LIFE

#黒瀬佐紀子の時短料理

缶づめレシピ「あさり水煮」3分でヘルシースープ、5分でメインディッシュ!

2019.03.08

ひとたび開ければ広がるグルメワールド、それが「缶づめ料理」。缶づめ料理研究家・黒瀬佐紀子さんが3分でできるおかずと、5分で見栄えのするメイン料理を紹介します。今回使用するのは、砂抜きする手間が省けて楽チンな「あさり水煮」。あさりの旨みがぎゅっと凝縮されたスープをたっぷりと使った手軽なごちそうをご紹介します!

【3分レシピ】あさりと菜の花のスンドゥブスープ

明るい色の服を選びたくなる、そんな日ごとに春めくこの季節。食べるものでも春を先取りして、気分を上げていきましょう。そこでご紹介するのは、あさりと菜の花がふんだんに入った透明感のあるスープ。塩を使わずにあさりのだし汁を最大限に生かした、旨みとコクを味わえます。菜の花は、あさりの風味が蕾にしっかりと染み込んで相性バッチリ!

<材料>約3人分
・ あさり水煮缶‥‥‥1缶(総量225g)
・ おぼろ豆腐‥‥‥‥250g
・ 菜の花‥‥‥‥‥‥60g
・ 水‥‥‥‥‥‥‥‥350ml
・ 酒‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
・ コショウ‥‥‥‥‥適量
・ オリーブオイル‥‥適量

<作り方>
① 菜の花は3cm幅に切る。
② 小鍋にあさり水煮を缶汁ごと、水、酒を入れて、おぼろ豆腐をざっくりとスプーンでくずしながら加え火にかける。
③ 沸いたら中火で1分程煮て、①を加えてさっと煮たら火を止める。コショウとオリーブオイルをかける。
完成!

あさりは大粒タイプの缶づめを使用すると、食べ応えがあります。大胆に缶汁ごとすべて使い切りましょう。あさりから適度に塩気が出るので塩の味付けは必要なし。

【5分レシピ】あさりと豚肉のポルトガル風炒め煮

あさりと豚肉という意外な組み合わせを、ニンニクや白ワインで風味豊かにマッチさせた、ポルトガルでポピュラーな郷土料理「アレンテージョ」風のレシピです。こちらも缶汁をすべて使い切って、あさりの旨みを存分に味わいましょう。白ワインの肴としても抜群だし、パンをスープに浸して食べるのも◎。ごはんを投入して火にかければ、手の込んだ風合いのリゾットにも変身!

<材料>2〜3人分
・ あさり水煮缶‥‥‥1缶(総量225g)
・ 豚肉切り落とし‥‥‥100g
・ トマト‥‥‥‥‥‥‥中1コ(120g)
・ タマネギ‥‥‥‥‥‥1/4コ
・ ニンニク‥‥‥‥‥‥1片
・ オリーブオイル‥‥‥大さじ1
・ 白ワイン‥‥‥‥‥‥大さじ1
・ イタリアンパセリ‥‥適量
・ パン‥‥‥‥‥‥‥‥適量

<作り方>
① トマトは8等分に、タマネギは1cm幅のくし切りにする。ニンニクは薄切りにする。豚肉は約5cmに切る。
② フライパンにオリーブオイルを熱し、豚肉とタマネギを炒め、肉の色が変わったら、トマトとニンニクを加えさっと炒める。
③ ②にあさりの缶汁と白ワインを加え、沸いたら中火で2分ほど煮て、あさりを加えてさらに1分ほど煮て全体をさっと混ぜる。
完成!

水煮のあさりはすでに火が通っているので、はじめから火にかけると硬めの食感になりがち。先にスープだけ火にかけ、ほかの具材に火が通ったら、あさりの身を投入しましょう。

いかがでしたか?「あさり水煮」は、缶の汁が美味しい一品に仕上がる決め手になるんですね。
次週は、ハワイや沖縄の家庭料理でお馴染みの「ランチョンミート」をピックアップします。お楽しみに!

黒瀬 佐紀子Sakiko Kurose

缶づめ料理研究家。フードスタイリスト。
雑誌・書籍・広告・TVなどで活躍するほか、商品プロデュースも手掛ける。著書は「缶つま」、「缶詰食堂 いつでも手軽に安うまレシピ」、「かんたん晩酌缶詰レシピ50 ほろ酔い♪女子つまみ」、「さば缶ダイエット ヤセるホルモンがふえる!」。

オススメ記事

Text:Yuki Miyahara
この記事をシェア
mv
缶づめレシピ「あさり水煮」3分でヘルシースープ、5分でメインディッシュ!2019.03.08
缶づめレシピ「あさり水煮」3分でヘルシース…2019.03.08

関連キーワード