PAGE TOP

mv mv
LIFE

#黒瀬佐紀子の時短料理

超簡単!「変わりダネ缶づめ」で作るおつまみと朝食

2019.04.18

ひとたび開ければグルメワールド、それが「缶づめ料理」。缶づめ料理研究家・黒瀬佐紀子さんが超簡単にできるおつまみや、ひと手間で見栄えのするメイン料理を紹介します。今回は、缶づめの中でも素材や味付けにこだわり抜かれた「変わりダネ」2種をアレンジした、超簡単&美味グルメにトライしましょう!

【3分レシピ】「鶏ハラミ焼き」わかめとネギの柚子胡椒和え

まずご紹介するのは、絶好のおつまみとしてファンの多い「鶏ハラミ焼き」。塩ダレに漬け込んだ鶏ハラミを直火で焼き上げたもので、香辛料の風味が食欲をそそります。このこだわりの味に少しだけ素材を加えて、より見た目も美味しさもアップさせるのがこちらのレシピ。柔らかい鶏ハラミにネギやアスパラのシャキシャキとした食感が好相性。缶づめの塩ダレを活かしつつ、柚子胡椒を加えるといいアクセントに!ささっとお酒のアテを作りたい時に役立つレシピです。

<材料>2人分
・ 鶏ハラミ焼き缶‥‥1缶(内容量50g)
・ 生わかめ‥‥‥‥‥30g
・ 長ネギ‥‥‥‥‥‥約4cm
・ アスパラガス‥‥‥1〜2本
・ 柚子胡椒‥‥‥‥‥適量
<作り方>
① 長ネギを繊維にそって縦に細切りにし水にさらしてから水気をよくきり白髪ネギをつくる。
② 鍋に湯をわかしてわかめとアスパラガスをさっと茹で、わかめは一口大に、アスパラガスは細い斜め切りにする。鍋の湯は捨てずに火を弱め、その湯の中で1分半ほど缶詰を湯煎し温める。
③ 器にわかめとネギを盛り、温めたハラミをかけアスパラガスを散らし、柚子胡椒を添える。食べるときは全体を混ぜて。
完成!

缶づめを湯煎して鶏ハラミを温めるのがコツ。手軽なうえ、お肉が柔らかいままに温まります。わかめを湯通しした鍋のお湯を使えば効率も◎。

【5分レシピ】「厚切りベーコン」チーズパンケーキ

次にご紹介するのは、「厚切りベーコンのハニーマスタード味」という缶づめ。ハニーマスタード味に仕立てられたサイコロ状のベーコンは、コクのある甘みにマスタードの酸味がアクセントとなり、あとを引く美味しさ。これをパンケーキのトッピングにするという斬新アイデアです。というのもベーコンの塩気とほんのり甘いパンケーキは絶妙な味のマッチングに。ベーコンと相性のいいチーズを生地に混ぜ合わせることで、より深みのある味わいになるのです。
朝食にもおやつにもちょうどいいボリュームなので、ぜひお試しあれ。

<材料>2人分
・ ベーコンのハニーマスタード味缶‥‥1缶(総量105g)
・ ホットケーキミックス‥‥‥‥‥‥‥150g
・ 卵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1コ
・ 水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥110〜120ml
・ ピザ用チーズ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40g
・ バター‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10g

<作り方>
① ベーコン缶は湯煎に3分ほどかけて温めておく。
② ボウルにホットケーキミックス、溶いた卵、ピザ用チーズ、水を入れてざっくりと混ぜる。
③ 熱したフライパンに1/4量の②を流し入れ、弱火で2〜3分焼き表面がふつふつしてきたら裏返してさらに2分ほど焼く。残り3枚も同様に焼いたら、バターをのせ①をかける。
完成!

こちらの缶づめも湯煎で中身を温めましょう。熱くなった缶はトングを使って取り出して。

いかがでしたか?そのままでもグルメな風味の「変わりダネ」の缶づめですが、ひと手間かければ、また違った味わいになれるんですね。
さて次週は、数ある缶づめの中でもスタンダードな「さばの水煮」をピックアップします。絶品レシピを、ぜひお楽しみに!

黒瀬 佐紀子Sakiko Kurose

雑誌・書籍・広告・TVなどで活躍するほか、商品プロデュースも手掛ける。著書は「缶つま」、「缶詰食堂 いつでも手軽に安うまレシピ」、「かんたん晩酌缶詰レシピ50 ほろ酔い♪女子つまみ」、「さば缶ダイエット ヤセるホルモンがふえる!」。

オススメ記事

Text:Yuki Miyahara
この記事をシェア
mv
超簡単!「変わりダネ缶づめ」で作るおつまみと朝食2019.04.18
超簡単!「変わりダネ缶づめ」で作るおつまみ…2019.04.18

関連キーワード