PAGE TOP

mv mv
連載

#BRAND NEW SELECT ITEM

9月18日(水)予約開始! 「TRADITIONAL WEATHERWEAR」のアウター

2019.09.18

PLSTが国内外のブランドからセレクトした限定商品をご紹介。 今回フィーチャーするのは「TRADITIONAL WEATHERWEAR(トラディショナルウェザーウェア)」で定番人気となっているキルティングアウター。丈感やボタンにこだわったPLST別注をご紹介します。

英国の伝統と今の気分を融合させた「TRADITIONAL WEATHERWEAR(トラディショナルウェザーウエア)のアウター

「TRADITIONAL WEATHERWEAR」は、ゴム引きコートで知られる英国のマッキントッシュ社のブランドで、アウターを中心に展開しています。今回PLST別注で登場するのは、使い勝手のいい黒のキルティングアウター。中綿入りでとにかく軽くて暖かいと評判です。メンズ、ウィメンズともにアレンジを加え、より今っぽく仕上げました。


ウィメンズは金ボタンがアクセントになった3タイプが登場!

ウィメンズの別注アイテムは、コンパクトなフォルムが可愛らしいノーカラージャケット「ARKLEY(アークリー)」をベースに、スカートでもパンツでもバランスよく着られるよう着丈を3㎝伸ばしたもの。こちらは表面がキルティングとボアの2タイプ。そしてIラインがスタイルアップして見せてくれると人気の膝上丈のコートタイプも、キルティング素材で登場しています。



別注ポイントの金ボタンがリッチカジュアルに仕上げてくれる!

PLSTだけの別注ポイントになっている黒地に映える金ボタン。カジュアルなキルティングアウターにリッチ感がプラスされ、大人の女性にちょうどいい一枚になっています。


環境に優しいサステナブルな撥水加工

秋の長雨、冬の雪、とこれからの季節に着るアウターに欠かせないのが撥水加工。PLST別注では、環境に優しい非フッ素の撥水加工を施しています。


<スタイル1>
デニムを合わせてリラックス感のあるカジュアルスタイルに

カジュアルなボアの雰囲気に合わせ、ボトムにはデニムをチョイス。インナーをギンガムチェックにすることで、黒ブルゾン✕デニムのボーイズライクな着こなしに、ほどよく甘さをプラス。仕上げにシルバーのバッグや白のスニーカーで抜け感を。


<スタイル2>
ロングタイプなら、今っぽい長め丈のスカートとも好相性

ロングタイプのキルティングアウターは長め丈のスカートを合わせて、今っぽいシルエットに。ダークカラーでまとめた着こなにしには、ポイントとしてイエローのバッグをON。イエローの明るい雰囲気が加わることで、シックなカラーリングが際立ち、大人のカジュアルが完成します。

メンズはデイリーに使いやすい多機能素材を採用

メンズのキルティングブルゾンは、着心地、暖かさにこだわって別注アイテムを依頼。コートの下にも着られるようタイトなシルエットですが、ストレッチ素材を採用し着心地のよさは確保しています。薄さをキープしながらも3層構造になっていて、中綿の保温性、弾力性、断熱性が格段にアップ。その軽さと薄さからは想像できない暖かさと着心地を実現しています。



フードを取り外せば、衿付きのきれいめアウターに

取り外し可能なフードなので、休日は付けておいてカジュアルに、通勤では外して衿付きアウターとして使えば、オンオフ問わず使うことができます。また裏地を付けることで、より着脱がスムーズになるとともに保温性もさらにアップ!


付属の袋に収納すればコンパクトに持ち運び可能!

アウターを折りたたんで付属の袋に収納することができます。コンパクトに持ち運びできるので、気候が読めない旅行や出張のときに役立ちます。


<スタイル1>
オフィスカジュアルに羽織るアウターとしても最適

黒のきちんと感とキルティングのカジュアル感、両面を持ち合わせているアウターなので、スーツの上には着るのはもちろん、オフィスカジュアルに合わせてもOK。さまざまなシーンで着回しができる優秀な一枚です。

Photo:Tomohiro Kusama(TENT)
Styling:Manami Sato(HRM)
Text:Rina Koyama
この記事をシェア
mv
9月18日(水)予約開始! 「TRADITIONAL WEATHERWEAR」のアウター2019.09.18
9月18日(水)予約開始! 「TRADIT…2019.09.18