PAGE TOP

mv mv
LIFE

#Wako流くらし術

Vol.29 自宅でバカンスを楽しむ小さなコツ

2019.04.27

例年、ゴールデンウィークは旅行しないというWAKOさん。今年もそう。その分家族みんなでゆっくり自宅で過ごす“家バカンス”を楽しみ尽くすのだと言います。その理由は? そして、自宅で過ごす時間を存分に楽しむためには、どんな工夫をすればいいのでしょうか。

長期休暇ごとに無理に遠出をする必要はない

「ゴールデンウィークは何と言っても我が家の庭が一番気持ちの良い季節。緑も豊かだし、ちょうど外に出たくなる陽気、そして蚊もまだ出ない、最高の状態です。もともと“家こそ最高のワンダーランド”と考えている私たちファミリーですが(笑)、この時期は特に、混雑した観光地に出かけるより家に居たくなってしまうんです」。子供の学校や仕事の都合で、混む時期にしか長期休暇が取れないという人も多いかもしれませんが、全ての休みに遠出をする必要もないのですから、「今年のゴールデンウィークは家で楽しく過ごす!」と決めてしまうのも手。また長期休暇に限らず、日々心豊かに暮らすためも、家を楽しむスキルは身につけたいものです。このゴールデンウィークの計画を立て損ねた人も、発想を切り替えて、家にいる時間を徹底的に味わい尽くしましょう!

休暇の初日はバスケットを持ってマルシェへ

「休暇を満喫するには、自分をもてなすための準備が必要」とWAKOさん。前回、旅のテーマでも入念な事前準備が旅を豊かにすると話してくれましたが、家バカンスでも、その発想は同じだと言います。「溜まった仕事やお掃除も、ちょっと頑張って休暇までに片付けておくんです。休暇の初日、ランドリーバスケットも空の状態でスタート。連休に入った瞬間“ようこそ我が家へ”と自分を迎え入れるように、美しい状態にしておくことが実はとても大事なんです」。ついつい“連休中に溜まった家事や掃除をしよう!”なんて考えがちな人には目から鱗の発想です。「ちょっと大変ですが、優雅な連休を想像すると準備も楽しくなりますよね」とWAKOさん。
休暇に入るとまず、家族みんなでバスケットを持ってマルシェへ買い出しに行きます。これから家にこもる数日分の野菜や果物を買ってきて、全部きれいに洗うのです。「BGMを大きめにかけて、ノリノリで洗います(笑)。泥がすっかり落ちて、みずみずしくなった野菜が積み上がっていくと、かなり気分が上がります」

いつも流れているBGMが、部屋を立体的に彩る

休暇に限った話ではないけれど、WAKOさんの家がいつも新鮮で、ドラマチックなのは、「音の力」もあります。いつも絶妙なBGMが家の随所から流れているのです。「それほどこだわっている訳ではありませんが、家を訪れる方に不思議と音楽のことをよく聞かれるんですよね。基本的にはストリーミングサービスでその都度雰囲気に合うプレイリストをセレクトしています。ボサノヴァとかアコースティックギターなどを流していることが多いでしょうか」。
選曲に加えて、その魅力を支えているのがスピーカー。「メインのスピーカーと、ブルートゥースでつながって部屋のあちこちに持ち運びができるモバイルのスピーカーがあり、これを家の中の少し離れたところに置いているだけで、音楽が家全体で立体的に響き、非日常的な雰囲気が生まれるような気がします」

「何もしない」を味わうためのキャンドルとバスソルト

そしてWAKOさんが家バカンスに外せないアイテム、と言うのが、キャンドルとバスソルト、そしてハーブティー。「普段から愛用していますが、家バカンスの時は必須です。バスルームにお気に入りのバスソルトとキャンドル、ハーブティーを持ち込んで、時を忘れて贅沢な入浴を味わうのって、最高のひと時ですよね」。
バカンスの過ごし方のポイントは、「何もしないこと」。朝はゆっくり起き、昼はテラスで本を読んだり、夜はソファで家族揃って映画を観たり。
料理もあまりしないと言います。「ブランチとアペリティフの1日2食という感じ(笑)。美味しいワインとサラダがあればOK。だからワインやシャンパンも事前にしっかり買い込んでおきます。サラダは日によって、クレソンサラダとか、小柱のサラダとか。旅費や宿泊費がかからないぶん、ワインや食材はどんなに贅沢をしてもいいと思います(笑)」

素敵な一輪挿しは、日頃から一目惚れ買いを

家バカンスに欠かさないものは他にもあります。それは「花」。休暇の直前に、家じゅうにたっぷり飾っておきます。「長い休暇の間に少しずつ弱っていくので、小さい花器に入れ替えて飾り直すと、また新鮮な気分になります」。WAKOさんのベランダの木棚には、こんな時のために買い集めた一輪挿しやキャンドルホルダーがいっぱい。「素敵な一輪挿しとキャンドルホルダーは、ビビッと来たら迷わず買い集めておいて損はありません。暮らしが驚くほど豊かになりますよ」

今週のTO DO LIST

✔️休暇までに、溜め込んだ仕事や掃除、洗濯は終えておく
✔️ワインと花とキャンドル、バスソルトを買い備える
✔️休暇中は何もせず、ひたすら優雅に過ごす

WAKOWAKO

ライフスタイルプロデューサー。1979年生まれ。インテリアや食、パーティや旅など、 生活を幸せにするアイデアを提唱。2015年に、白金台の人気セレクトショップ 「kokoro」をクローズし、家をベースにした働き方に。現在は雑貨やキッチンウェアな どのプロデュース、スタイリング提案、コンサルティングなどを行う。1男2女の母でもある。

Photo:JUNKO KAISATO Text:YURICO YOSHINO
この記事をシェア
mv
Vol.29 自宅でバカンスを楽しむ小さなコツ2019.04.27
Vol.29 自宅でバカンスを楽しむ小さな…2019.04.27

関連キーワード